キューガーデン

キューガーデン(Royal Botanic Gardens, Kew)はイギリスの首都ロンドン南西部のキューにある王立植物園。1759年に宮殿併設の庭園として始まり、今では世界で最も有名な植物園として膨大な資料を有している。2003年にユネスコ世界遺産に登録された。

概要

植物園はロンドンの中心部から南西に位置するリッチモンド・アポン・テムズとキューの中間に設けられている。現在の園長はサー・ピーター・クレーン。過去には、サー・ジョゼフ・バンクスやサー・ジョセフ・ダルトン・フッカーなどが園長を務めた。

歴史

キュー・ガーデンズの歴史はテュークスベリーのケープル卿が熱帯植物を集めた庭を作ったことに始まる。その後この庭はジョージ2世の長男フレデリック皇太子の未亡人であるオーガスタ妃によって拡張され、ウィリアム・チェンバーズの設計による建築物が何棟か建てられた。そのうちの1つである1761年建造の中国のパゴダは今日も残されている。

ジョージ3世はウィリアム・エイトンやサー・ジョゼフ・バンクスに命じてさらに庭園の植物を豊かなものにさせた。旧キュー・パークは1802年に廃止され、1781年にジョージ3世は隣接するダッチ・ハウスを買い上げて皇室の子供達を育てる施設とした。この建物は現在キュー宮殿として残されている。

1840年に庭園は国立の植物園と改組された。ウィリアム・ジャクソン・フッカーの指揮のもとで植物園は30ヘクタールにまで拡張され、さらに後の改修で現在の120ヘクタールの敷地が完成した。

イギリス植民地政策とキューガーデン

往時のキュー王立植物園は、世界各地から資源植物(人間生活に必要なものを作ることができるとされた植物)を集め、品種改良などをおこなう場でもあった。イギリス植民地内の各植物園と情報交換などをおこない、それにより、育成条件の合致する植民地に移植してプランテーションでの大量生産を図った。

植民地への移植例としては、

  • 中国産の茶をインドのアッサム地方やスリランカへ
  • アマゾン川流域産の天然ゴムをマレー半島へ
  • ポリネシア産のパンノキを西インド諸島へ
  • マラリアの特効薬キニーネ(キナの樹皮)をペルーからインド

などがある。

登録基準

Шаблон:世界遺産基準

関連項目

Шаблон:Commons&cat

  • ジョージ3世
  • 植物園自然保護国際機構(キューガーデン内に本部がある非営利団体)

外部リンク

以下のカテゴリーにリストされています:
コメントを投稿
ヒントとヒント
ᴡ Valenzuela
2016年7月30日
Amazing place. If you have even the slightest interest in nature it is the perfect place to go. Play a game to see if you can guess the type of tree. They are almost all labeled!
Corby Taylor
2015年1月23日
Me and my family have been to Kew gardens at least five times. There always something new to see and most of the flowers displays are and greenhouses astonishing. The best way to get there is by river
Jack Smith
2014年12月15日
When Kew Gardens do special events, they do them big and brilliant, from summer music concerts, to evening Christmas trails. Keep an eye out on their website under the "what's on" section
Andrew Talaga
2019年4月22日
Wonderful place, Temperate House, Palm House and tree top walkway are all a must. Allow 4 hours minimum. Get 2 for 1 on entrance if you travel by train: https://www.daysoutguide.co.uk/kew-gardens
Finding Our Feet Blog
2016年8月16日
Great option for a family day out, but be warned, £16pp entry. It's cheaper for one adult to get annual membership (£50pp, allows entry for two adults at once) and makes sure you visit twice a year.
S Marks The Spots
2013年3月31日
Impressive botanical gardens covering an area of 1.200 m2 with over 30.000 species of plants, including an orchid collection, a Palm House and the famous Xstrata Treetop Walkway. Not to be missed!
The Richmond Hill Hotel

開始$154

Petersham Hotel

開始$206

Richmond Gate Hotel

開始$240

Travelodge London Richmond Central

開始$0

The Bingham

開始$297

Premier Inn London Richmond

開始$137

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Böyük paqoda

Велика пагода — перший твір китайської архітектури в

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Palm House

REDIRECT Palm house

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Kew Palace

Kew Palace is a British Royal Palace in Kew Gardens, Kew on the banks

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
リッチモンド公園

リッチモンド公園(Richmond Park)はロンドンにある2,36

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Ealing Common

Ealing Common is a large open space (approx 47 acres) in Ealing, west

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Isabella Plantation

Isabella Plantation, Richmond Park, London

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Ealing Abbey

Ealing Abbey is a Roman Catholic Benedictine monastic foundation in

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
クレイヴン・コテージ

クレイヴン・コテージ (Craven Cottage)は、ロンドン、テムズ川

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
パリ植物園

パリ植物園(パリしょくぶつえん、le Jardin des Plantes de Paris)は、公開された植物園であり、パリ第5区内に位

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Conservatory of Flowers

The Conservatory of Flowers is a large botanical greenhouse in San

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Cambridge University Botanic Garden

The Cambridge University Botanic Garden is a botanical garden located

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Jardin botanique de Lyon

The Jardin botanique de Lyon (8 hectares), also known as the Jardin

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ミズーリ植物園

ミズーリ植物園(Missouri Botanical Garden)は、ミズーリ州の

すべての同様の場所を参照してください。