考古遺跡Choghā Zanbīl

チョガ・ザンビール

6.7/10

チョガ・ザンビール(ペルシャ語で、Шаблон:Lang)とは古代エラム人が、現在のイラン・フーゼスターン州に作った複合遺跡である。メソポタミア地方以外では数少ないジッグラトが存在する。デズフールのおよそ25㎞西、スーサの45㎞南方に位置する。1979年に、ユネスコの世界遺産に登録された。

こちらもご覧ください

概要

チョガ・ザンビールは、紀元前1250年ごろに、Untash-Napirishaの手によって、Inshushinak神への崇敬の意を込めて建設された。チョガ・ザンビールのもともとの名前は、ウンターシュの街を意味するDur Untashである。しかしながら、この古代都市は、祭司を除いて、多くの人々が居住したとは考えられていない。チョガ・ザンビールは、三層の連結した壁で保護されており、壁によって、メインエリアは、「街」と定義される。

三層のエリアに分けられるチョガ・ザンビールのうち最も内側の層は、主神に捧げるためのジッグラトが建設された。このエリアの建設は、Untash-Napirishaが貯蔵庫を併せ持った寺院とともに建設された。その次の層は、主神に次ぐ地位に入ると考えられる神々のために11の寺院が建設された。もともとの計画では、22の寺院が建設の予定だったと推測されているが、建設途上で、Untash-Napirishaが死亡したため、その後の建設が行われることはなかった。最も外側の層は、王宮や葬祭を行うための場所、王室の5つの墓がある。

Untash-Napirishaが死亡した後、チョガ・ザンビールの拡張は行われなかったが、街自体は、アッシリア王アッシュールバニパルが紀元前640年によって破壊するまで、放棄されることはなかった。チョガ・ザンビールに残る膨大な数の寺院に基づいた学者の推測によるとUntash-Napirishaは、(おそらくスーサに取って代わる)新しい宗教の拠点を作ろうとしていていたのではないか、それは、チョガ・ザンビールで高地エラムと低地エラムを一つに結びつけるような宗教の形態でと考えている。

1951年から1962年に実施された考古学調査によって、チョガ・ザンビール遺跡の全貌が明らかになり、ジッグラトが世界中のどこよりも保存のいい状態であると考えられるようになると1979年に、イランで初めて、UNESCOの世界遺産に登録されることとなった。

コメントを投稿
ヒントとヒント
Jan Spiler
2016年6月7日
Great historical site. The ziggurat is very impressive, especially up-close.
Alireza
2020年2月12日
طبق گفته راهنما بنا حول و روی تپه خاکی موجود ساخته شده، هیچ طبقه‌ای بر روی طبقه پایین‌تر قرار نگرفته و اتاق ها تنها در طبقه همکف واقع هستند. زیگورات فاقد هرگونه اتاق مخفی یا چیز شبیه آن در داخل است
Alireza
2020年2月12日
تا قبل از اکتشاف، زیگورات به صورت کامل در زیر خاک مدفون بوده. تمام آجرچینی‌های مرتب مربوط به بعد از اکتشاف توسط رومن گیرشمن باستان‌شناس فرانسوی است و دیوارهای بازسازی نشده در طبقات بالا قابل تمایز است
Mohammad Reza Danesh
2013年11月18日
اولين نقطه ايران که در فهرست ميراث جهاني يونسکو ثبت شده است. يک نياشگاه باستاني مربوط به دوران عيلاميان با قدمتي حدود 3500 سال. هنوز آثاري از سنگ نبشته هايي به خط ميخي در داخل زيگورات وجود داره
Haleh Giv
2017年4月2日
زيگورات واقعا تماشايى، ميشه ساعت ها اونجا صبر كرد و به اطراف دقيق شد دم غروب به دليل روشن شدن پروژكتورها ميتونه منظره ديدنى ترى هم داشته باشه
Masoud
2016年3月17日
زیگورات چغازنبیل که به گفته خاورشناسان اولین پرستشگاه ساخته شده در ایران بوده و در اونجا اینشوشیناک (خدای نگهبان شهر شوش) مورد ستایش قرار می‌گرفته.
場所
地図
アドレス

0.1km from Khuzestan Province, Unnamed Road, イラン

ルートを検索
リファレンス

上Chogha Zanbil Ziggurat Foursquare

上チョガ・ザンビール Facebook

Copthorne Kuwait City

開始$119

City Tower Hotel

開始$65

Residence Inn Kuwait City

開始$177

Paradi City Suites

開始$132

Awtad Residence

開始$492

Al Sharq Residence

開始$492

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Band-e Kaisar

The Band-e Kaisar (Persian: بند قیصر, 'Caesar's dam'), Pol-e Kaisar

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
シューシュタル

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Karun-3 dam

The Karun-3 dam is a hydroelectric dam on the Karun river in the

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
タフテ・スレイマーン

タフテ・スレイマーン(ペルシャ語で、تخت سلیمان Takht-e Soleymān)は、ゾロアスター教及びサーサ

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ペルセポリス

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アテーナー・ニーケー神殿

アテーナー・ニーケー神殿(アテーナー・ニーケーしんでん)はギリシャのアテネのアクロポリスにあったアテーナーを祭った神殿である。ニーケーはギリシア語で「勝利」を意味し、知恵の神としてのアテーナーをアテーナー・ニーケー (Athena Nike) として祭っていた。アクロポリス上の最初期のイオニア式神殿で、アクロポリスの入口(プロピュライア)の右、急峻な稜堡の南西角に位置していた。ここで市民は長く続いたスパルタとの戦争(ペロポネソス戦争)の勝利を祈って女神を祭った。アテーナー・ニーケー神殿はアテナイがギリシアの主要なポリスとなる野望を表したものだった。神殿はアクロポリスへの大階段の南の側面上の稜堡最上部にあり、そこがアテーナー・ニーケーの

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
エレクテイオン

エレクテイオン(Ελληνικά. Έρέχθειον, English. Erechtheion)とは、ギリシアの首都アテネのアクロポリス

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
フィラエ神殿

フィラエ神殿(フィラエしんでん)は、エジプト南部、アスワン近郊にあるヌビア遺跡。

すべての同様の場所を参照してください。