City wallsローマ

アウレリアヌス城壁

8.0/10

アウレリアヌス城壁(アウレリアヌスじょうへき、italiano. Mura aureliane)は、271年から275年、ローマ皇帝アウレリアヌスとプロブスの治世の間にイタリアのローマに建設された都市の城壁である。

ローマの七丘に加えてカンプス・マルティウスやテヴェレ川の右岸であるトラステヴェレ地区を囲んでいる。しかし、カンプス・マルティウスのテヴェレ川の河岸には何の防備もされていなかった。

概要

全周19kmで、13.7平方kmの領域を取り囲んでいる。壁はローマン・コンクリートを煉瓦で覆う形で作られており、厚さは3.5m、高さは8mで、100ローマンフィート (29.6m) ごとに塔がある。

5世紀には高さを倍増させ16mにする改修が行われた。紀元500年には、383の塔、7,020個の挟間胸壁の凹凸、18の大門、5つの通用口、116の公衆便所、2,066の大きな窓があった。

歴史

3世紀までにローマは古いセルウィウスの城壁で囲まれた領域よりも市街地が広がっていた。セルウィウスの城壁は共和政ローマ時代の紀元前4世紀末ごろに建設された城壁である。ローマはその後拡大し続け、数世紀に渡って事実上無防備だった。3世紀の危機の時代、北方から異民族が侵入してくるようになり、ローマ軍がそれを防いでいたが、より防御が必要となってきた。270年、アラマンニ族とヴァンダル族が北イタリアを侵略し、ローマ軍はプラケンティア(現ピアチェンツァ)で大敗を喫した。その後271年の夏にはローマで労働者の反乱が起きた。その戦いの中で数千人が命を落とした。

アウレリアヌスが城壁の建設を急いだのは、この270年に始まった異民族の侵略への対策のためである。歴史家セクストゥス・アウレリウス・ウィクトルは、これをローマの脆弱性を多少なりとも解決するためのものだったと明記している。それはまた、アウレリアヌスが皇帝として権力を握ることに対して、市民がそれを支持し続けることをアウレリアヌスが信じているという政治的合図でもあった。城壁建設は当時のローマでは最大の建設事業であり、ローマ帝国の強大さが続くことを示していた。

城壁は5年という驚異的な短期間で完成したが、アウレリアヌスはその完成前に亡くなった。工事を短縮し資金を節約するため、既存の建築物を城壁に組み込んだ。例えば、カストレンセ円形闘技場、カストラ・プラエトリア、ガイウス・ケスティウスのピラミッドなどがあり、マッジョーレ門付近のローマ水道であるクラウディア水道の一部も城壁の一部とされた。全周の最大6分の1で既存の建築物を城壁の一部としたと見られている。城壁のすぐ内側は整地され、非常時に兵を迅速に配置できるよう歩哨通路が建設された。

ローマの守備隊は城壁の規模に対して人数が少なく、この城壁が実際役に立ったかどうかは疑わしい。プラエトリアニ、cohortes urbanaevigiles というローマにいる軍勢を全部合わせても2万5千人であり、城壁の全周の防備には明らかに人数が足りない。しかし、この城壁は長期の攻囲戦を意図したものではない。異民族の軍勢は食料供給が十分ではないため、都市を取り囲むような戦法を採らなかった。むしろ、防御が弱いところを狙って電撃的な攻撃を加えることが多かった。城壁は、そのような戦法への対策だった。

マクセンティウスは城壁の一部の高さを倍増させ、監視塔も改良した。401年、ホノリウスの時代にも城壁と門を改修している。このとき、テヴェレ川対岸にあったサンタンジェロ城も防御用の要塞として城壁に組み込まれた。545年、東ゴート王国のトーティラ王は城壁を破壊し、ゴート戦争で東ローマ帝国がローマを防御する可能性をつぶそうとした。プロコピオスによれば、このとき城壁の3分の1が破壊されたという。

後世における利用

アウレリアヌス城壁はその後もローマ最大の軍事的防御として使われ続けたが、1870年9月20日、イタリア王国のベルサリエリがピア門の近くの城壁を破壊して、ローマを奪還した。また、19世紀まではこの城壁がローマ市の境界線とされていた。

アウレリアヌス城壁は19世紀まで実際に使われていたため、現在もかなりの部分が保存されている。サン・セバスティアーノ門の近くにはムゼオ・デッラ・ムーラ (Museo delle Mura) という博物館があり、城壁についての様々な展示をしている。

Шаблон:Commons category アウレリアヌス城壁にある門 (Porte) を北から時計回りに列挙する。

トラステヴェレ地区の門(南から時計回り):

外部リンク

カテゴリー:
コメントを投稿
ヒント&ヒント
によって手配:
cxbyte
2014年12月17日
1
場所
マップ
アドレス

Viale di Porta Ardeatina, 12-17, 00154 Roma RM, イタリア

ルートを検索
Trevi elegant apartment

開始$205

Trevi charming apartment

開始$0

Trevi lovely terrace apartment

開始$0

Trevi stylish apartment

開始$0

Trevi Hotel

開始$274

Piccolo Trevi Suites

開始$135

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
サン・セバスティアーノ門
イタリア共和国

サン・セバスティアーノ門(italiano. Porta San Sebastiano)は、イタリア ローマの古代ロ

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
カラカラ浴場
イタリア共和国

カラカラ浴場(カラカラよくじょう、Le Terme di Caracalla、Antoniniane)は、イタリアのローマに

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ドミネ・クォ・ヴァディス教会
イタリア共和国

サンタ・マリーア・イン・パルミス教会(イタリア語:「パルミスの聖マリア教会」の意」 (Chiesa di Santa Maria in Palmis) は、ローマ南東にある小さな教会である。しかし、この公式な名によるよりも、もっぱら「ドミネ・クォ

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Santo Stefano Rotondo
イタリア共和国

Santo Stefano Rotondoの観光名所ですローマ、 イタリア共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Santa Maria in Domnica
イタリア共和国

Santa Maria in Domnicaの観光名所ですローマ、 イタリア共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
チェリオ
イタリア共和国

チェリオ(イタリア語:Celio)とは、ローマの七丘の一つで南東に位置する。古代ローマ時代はラテン語でカエリウス (Caelius) と呼ばれていた。西のパラティーノ、北東のエスクイリーノに挟まれた位置にある。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Tomb of the Scipios
イタリア共和国

Tomb of the Scipiosの観光名所ですローマ、 イタリア共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
San Giovanni a Porta Latina
イタリア共和国

San Giovanni a Porta Latinaの観光名所ですローマ、 イタリア共和国

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
York city walls
イギリス

York city wallsの観光名所ですヨーク、 イギリス

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Walls of Constantinople
トルコ共和国

Walls of Constantinopleの観光名所ですイスタンブール、 トルコ共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
正陽門
中華人民共和国

正陽門(せいようもん、簡体字: 正阳门、満州語: ᠲᠣᠪᡧᡠᠨ ᡳᡩᡠᡣᠠ 転

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Deshengmen
中華人民共和国

Deshengmenの観光名所です北京、 中華人民共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Bath city walls
イギリス

Bath city wallsの観光名所ですバース、 イギリス

すべての同様の場所を参照してください。