アスワン・ハイ・ダム

アスワン・ハイ・ダム (Arabic: السد العالي; transliterated: as-Sad al-'Aly, 英: Aswan High Dam)は、エジプトの南部、アスワン地区のナイル川に作られたダム。アスワンダムは2つあるが、現在ではアスワンダムと言うとアスワン・ハイ・ダムを指すことが多い。

古いアスワンダムは、アスワン・ロウ・ダムとも呼ばれる。1901年に完成し、以降数度にわたって拡張された。アスワン・ハイ・ダムは、アスワン・ダムの6.4km上流に建設され、1970年に完成した。

概要

建設目的は、ナイル川の氾濫防止と灌漑用水の確保であるが、ロウ・ダムだけでは力不足であったために、当時のエジプトのナセル大統領がソ連の支援を受けてアスワン・ハイ・ダムを国家的事業として計画を立てた。高さ111m、全長3,600mの巨大ロックフィルダムである。

アスワン・ハイ・ダムの巨大な貯水池ナセル湖の名はガマール・アブドゥン=ナーセル大統領の功績をたたえてつけられた。アスワン・ハイ・ダムの完成によって、毎年のように起こっていたナイル川の氾濫を防止するとともに、12基の水力発電装置が210万キロワットの電力を供給。ダムにより出現したナセル湖から供給される水は不足がちの農業用水を安定させ、砂漠の緑化も行われた。その一方で、ナイル川の生態バランスを破壊したなどの批判もあるが、ナセル湖の漁業はとても活発で、豊富な水産物は重要な食料として活用されている。

今では、周辺の遺跡とともに、観光地となっている。

歴史

ナイル川は、毎年夏に洪水が発生していた。これがナイル川流域に肥沃な土壌を形成することに役立っていた。しかし、流域の人口が激増すると、ナイル川の洪水をコントロールする必要が発生した。エジプトを保護下に置いていたイギリスは、1901年、アスワンダムの建設を行う。

アスワンダムだけでは不十分と考えたエジプト政府は、1952年にアスワン・ハイ・ダムの計画を始める。その後、エジプト革命で政権交代が起こり、イギリス主導で行われていた建設計画は中止される。

大きな利益を得られると踏んだ革命政府は建設へ向けて資金調達を始める。ナセル大統領は財源確保のために1956年にスエズ運河国有化を宣言、第二次中東戦争の発端となった。1958年、冷戦の影響もあり、ソビエト連邦が建設資金と機材の提供を申し出る。

1960年に建設が始まるが、水没地域の約9万人といわれる移住の問題解決の必要があった。同じく水没地域にあった、ヌビア遺跡のアブ・シンベル神殿は、当初そのまま水没させてしまう計画だったが、国際社会からの反対の声が強くユネスコの援助で巨額の費用をかけて湖畔に移築された。

総コスト10億米ドルをかけて1970年に完成。完成を記念した塔が湖畔に建てられている。

ダム建設の功罪

産業(農業、漁業)への影響

エジプト、スーダンに跨る広大な地域が耕作可能となった。また、ナセル湖では富栄養化により漁業が活発化した。周辺国でかんばつが起きても、エジプトは全くかんばつが起きないという。

土壌に関する影響

ナイル川下流域では、土壌痩せが深刻となった。デルタ地帯ではナイル川からの土砂供給の減少により侵食が激しくなる影響がでた。また河口付近の海の生態系への影響も存在する。

当初建設後、土砂堆積でダムが使用不能になるまでには、500年かかると予想されていた。しかし現在の観測によると発電に影響が出るのが約500年後で、ダムが完全に埋まるのは約1700年先だと見積もられている。

遺跡への影響

ダム下流のナイル川周辺には数々の重要な遺跡がある。川の水が安定した水位を保っていることが周辺の土壌、ひいてはその上に建つ遺跡自体へ水分が侵入することになった。これは、史跡の保存上、悪影響があると考えられ、対策の必要性が論じられている。

観光への影響

ダムの建設により河川の氾濫が少なくなり、穏やかな水流になった。 そのため、船に乗りナイル川を途中遺跡に立ち寄りながらクルーズするのが盛んになった。

住民の健康への影響

アスワン・ハイ・ダム完成後、下流の住民にビルハルツ住血吸虫の感染が蔓延した。これは、住血吸虫の中間宿主である巻貝が、ダムの完成でナイル川の水流が減ったことで大量繁殖したためである(ダム完成前は洪水により海へ押し流されていた)。

構造

  • 堤高 - 111m
  • 堤頂長 - 3,830m
  • 幅(基礎部分) - 980m
  • 発電能力 - 2.1GW (175MWが12基)

関連項目

外部リンク

以下のカテゴリーにリストされています:
コメントを投稿
ヒントとヒント
Sharm Club Excursions
2016年4月14日
Well, you should come here to see the tall obelisk as well as the Naser lake and the temple of Kalabsha, which is shown from the dam.
Fady Aziz
2015年1月9日
Do not ever miss the friendship symbol - Ramz el sadaka, view from 75 meters high is amazing
Scott Norris
2015年1月11日
Easy stop on the way to/from airport. Just make sure you fix the taxi fare first.
Sharm Club Excursions
2018年4月15日
One of the main attractions in Aswan is its gigantic High Dam
Njoud Fahad
2019年2月16日
Great job!
Milo
2016年2月9日
Las vistas de la presa del alto y bajo nilo, incomparables
Movenpick Resort Aswan

開始$71

Pyramisa Isis Corniche Aswan Resort

開始$34

Orchida St. George Hotel

開始$19

Marhaba Palace Hotel

開始$30

Nile Hotel Aswan

開始$20

Oscar Hotel

開始$7

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Temple of Kalabsha

The Temple of Kalabsha (also Temple of Mandulis) is a Ancient Egyptian

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
New Kalabsha

New Kalabsha is a promontory located near Aswan in Egypt. It houses

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Agilkia Island

Agilkia Island (also called Agilika island) is an island in the Nile

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
フィラエ神殿

フィラエ神殿(フィラエしんでん)は、エジプト南部、アスワン近郊にあるヌビア遺跡。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Famine Stela

The Famine Stele is an inscription located on Sehel Island in the Nile

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
セヘル島

セヘル島(セヘルとう、Sehel Island、セーヘル島とも)は、エジプト・アラブ共和国、アスワン南部のナイル川に浮かぶ島である。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
未完成のオベリスク

「未完成のオベリスク」(みかんせいのオベリスク)は、エジプトアスワンにある古代エジプト時代の北採石場に残された加工途中の巨大なオベリスク。「切りかけのオベリスク」とも呼ばれる。おそらくカルナック神殿のオベリスクを補うため、第18王朝5代目のファラオ「ハトシェプスト女王(紀元前 1508~1458年)」の命により作業が始められた。通常のオベリスクよりも10メートル近く大きなもので、完成すれば長さはおよそ 42メートル、重さ 1,200トンであったと推測される。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
コム・オンボ神殿

コム・オンボ神殿の2つの入口 コム・オンボ神殿(英語: Temple o

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
カリバダム

カリバダム(Kariba Dam)とは、南部アフ

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Cahora Bassa

The Cahora Bassa lake is Africa's fourth-largest artificial lake,

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アコソンボダム

アコソンボダム(Akosombo Dam)は、ヴォルタ川をせき止

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
フーバーダム

フーバーダム(Hoover Dam)は、アメリカ合衆国の多目的ダム。アリゾナ州とネバダ州の州境に位置するコロラド川のブラック峡谷にある。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
三峡ダム

三峡ダム(さんきょうダム)は中華人民共和国・長江中流域の三峡(重慶直轄市から湖北省宜昌市)一帯に建設中の大型重力式コンクリートダムである。

すべての同様の場所を参照してください。