Maya sitesChetulix

ウシュマル

MiG そして、86,745より多くの人々がここにいました
9.3/10

ウシュマル (Uxmal) は、メキシコ、ユカタン州にある古典期後期から後古典期のマヤ文明の遺跡。

メリダの南方78kmの地点にあり、カンペチェへ向かうメキシコの高速自動車国道261号線で、メリダから110kmの地点にある。ウシュマルという地名は、オシュ=マハアルと発音されたと考えられ、マヤ語の研究者の間でその由来について論争があるが、コロンブス到着以前の古いマヤ語の名称と考えられ、「三度にわたって建てられた町」という意味である(cf.カラコルの旧名「オシュ=ウィツア」を見よ)。

多くの観光客の目的地となるためにウシュマルの建造物の整備や復元にたくさんの労力が注がれる一方で、細々とであるが真摯な考古学的な発掘調査や研究がなされてきた。この都市の占地が行われた時代はよくわかっていないが、人口は、現時点では概算で2万5千人ほどと推定されている。ただし、あくまでも非常に大づかみな推定であるため、より詳細なデータによって見直されることが望まれる。 今日目にすることのできる大多数の建造物は、だいたい紀元700年から1100年の間に建てられたものである。

近世までの歴史

マヤの年代記によれば、ウシュマルは、フン=ウィツィル=トゥトゥル=シウによって紀元500年に建てられた町であるという。ウシュマルは何代にもわたってシウ家によって支配され、ユカタン西部でもっとも強力な都市であった。そしてチチェン・イッツアと同盟を結んで北部ユカタン全域を支配していた。紀元1200年以降は主要な建築物を新たに建築することは行われなくなる。このことは、ウシュマルと同盟者チチェン・イッツアの衰退とマヤパンへユカタンの権力が移っていく過程と関係しているとおもわれる。 シウ家が、マニへ首都を移すとともに、ウシュマルの人口は減少していった。

スペインによる征服後、シウ家自身は、スペインの同盟者となったが、初期植民地時代の記録によると、ウシュマルは、1550年代までは、ある程度の数の人々が住む重要な場所であったが、そこにスペイン風の町が建てられることはなくやがてウシュマルは放棄されることとなった。

現地の状況

ウシュマルの復元作業は、建物が通常より良好に残っていたおかげで他の多くのマヤ遺跡よりも良い条件で行うことができた。建物によく使われる漆喰のツナギを使用しないで精巧に切り取られた切り石を使用して建てられている。ウシュマルにある建造物は、優雅さと美しさにおいてパレンケの建造物に匹敵するものである。ウシュマルにおいては、その前半の時期においては、その大部分がプウク式の建物である。保存状態が良好であるため、一般の観光客にも当時のウシュマルの祭祀センターの様子をほぼ完全な形で想像させることのできる数少ないマヤ遺跡のひとつとなっている。

よく知られている著名な建造物は下記のとおりである。

総督の館 壮大な基壇の上に長いがそれほど高くない建造物が建てられている。これは、コロンブス到着以前のメソアメリカでは、最長の外観をほこる建造物である。 魔法使いのピラミッド いくつかの点で通常ではない良好な状態の建造物である。ピラミッドを構成する何層かの基壇は、メソアメリカでは通常長方形に造られる基壇を卵型に造っている。メソアメリカでは、通常古い神殿ピラミッドの上にかぶせて新しい神殿ピラミッドを築くが、古いピラミッドの中央よりわずかに東に偏って新しいピラミッドを築いている。そのため、古いピラミッドの西側部分は保護されてその上に二度と新しい建物が築かれることはなかった。 尼僧院 内面と外面に精巧で美しい彫刻が施されたウシュマルにあるいくつかの中庭を方形の回廊状に囲む良好に残された建造物の中でもっともすばらしい建物である。なお、尼僧院とはスペイン人によってつけられたあだ名で、実際には支配者の宮殿と考えられる。 大球戯場 メソアメリカ独特の球戯が行われた場所で、901年にチャン=チャク=カクナル=アハウという王によって奉献されたという銘文が刻まれている。

ウシュマルには、ほかにも注目すべき建物や多くの神殿ピラミッド、方形回廊状建物や記念碑、埋まったまま保存されている建物がある。

マヤ文字が刻まれた銘文の多くは、一連の石碑に刻まれているが、一つの神殿に対になるようにグループになっているわけではない。この石碑に刻まれているのは歴代のウシュマルの王たちである。また石碑は、たおれかかっていたり、ばらばらに壊れそうな兆候を示しているので、建て直したり修復したりする必要がある。

近世以降

ウシュマルは、メリダからそう遠くないカンペチェへ向かう道路沿いにあるので、メキシコ独立以来多くの見物者が訪れた。1838年にジャン=フレデリック・ワルデック伯爵が、この遺跡について詳細な記録を初めて出版している。ジョン・ロイド・スティヴンズとフレデリック・キャザウッドは、1840年代に二度にわたってウシュマルを訪れ、建築家であり画家であったキャザウッドは、この古代都市の建造物がかってどのように建てられていたかわかるくらいの多くのプランやスケッチを報告する予定であったかのように詳細に描いたが不幸なことに現在その大部分は失われている。シルヴァヌス・モーレイは、1909年に、以前にはいくつか見落とされてきた建造物を含めてウシュマルの地図を作成した。

登録基準

Шаблон:世界遺産基準

外部リンク

Шаблон:Commons

カテゴリー:
コメントを投稿
ヒント&ヒント
によって手配:
Dietmar Goll
2010年12月27日
The lightshow is better than in Chichen Itza ... worth the money
Isabella von Hauske
2013年7月23日
Lleven repelente de mosquitos, agua y bloqueador. Contraten a un guía, vale la pena y por lo menos mi guía estaba realmente enamorado de la cultura maya. En resumen me enamoré de Uxmal.
場所
マップ
アドレス

0.1km from Unnamed Road, Uxmal, Yuc., メキシコ

ルートを検索
営業時間
Wed 10:00 AM–5:00 PM
Thu 10:00 AM–8:00 PM
Fri 10:00 AM–7:00 PM
Sat 10:00 AM–8:00 PM
Sun 9:00 AM–8:00 PM
Mon 10:00 AM–4:00 PM
リファレンス

上Zona Arqueológica de Uxmal Foursquare

上ウシュマル Facebook

The Lodge At Uxmal

開始$137

Hacienda Uxmal Plantation & Museum

開始$88

Hacienda Temozon a Luxury Collection Hotel

開始$225

Uxmal Resort Maya

開始$50

Hotel Plaza Yucatan

開始$40

La Casa del Mago

開始$54

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
カバー (マヤ遺跡)
メキシコ合衆国

カバー(Kabah)は、メキシコのユカタン州にある古代マヤの遺跡で、ウシュマルなどと並んでプウク式の建造物で知られる。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Sayil
メキシコ合衆国

Sayil は、観光地、内Maya sitesの一つであるCh

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Labna
メキシコ合衆国

Labna (Español: Labná)は、観光地、内Maya sitesの一つであるSaba

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Oxkintok
メキシコ合衆国

Oxkintok は、観光地、内Maya sitesの一つであるSanta Cruz、メキシコ合衆国。 それは、次の場所にあり

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
マヤパン
メキシコ合衆国

マヤパン (Mayapan) は、メキシコ、

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Chunchucmil
メキシコ合衆国

Chunchucmil (Español: Chunchucmil (sitio

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Mérida Cathedral
メキシコ合衆国

Mérida Cathedral (Español: Catedral de Y

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ハイナ島
メキシコ合衆国

ハイナ島(Jaina island)は、

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
パレンケ
メキシコ合衆国

パレンケ(Palenque)はメキシコにあるマヤ文明の古代都市遺跡で、メキシコの世界遺産の一つである。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
チチェン・イッツァ
メキシコ合衆国

チチェン・イッツァ(スペイン語:Chichén Itzá)は1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
カラクムル
メキシコ合衆国

カラクムル(Calakmul)は、メキシコ、カンペチェ州にある先古典期後期から古典期にかけて繁栄したマヤ「中部地域」の大都市。1931年に発見され、その規模は30km²に及び、マヤ遺跡では最多の117基もの記念碑(恐らく石碑(Stela)のほかに祭壇やその他文字記録が刻まれた彫刻等の石造物を指す)が確認されており、ティカル(Tikal)と並ぶ古典期最大級の「都市」である。紋章文字(Emblem Glyph)は、蛇の頭で表現され、その旧名は、オシュテトウン(三つの石)と呼ばれていたこと、他の遺跡の碑文でも「蛇(カーン)」王朝という強大な国の首都として記述されていたことが最近判明している。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
El Castillo, Chichen Itza
メキシコ合衆国

El Castillo, Chichen Itza (Español: Templo de

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
トゥルム遺跡
メキシコ合衆国

すべての同様の場所を参照してください。