メサ・ヴェルデ

メサ・ヴェルデ国立公園 (Mesa Verde National Park) はコロラド州南西部に位置するプエブロインディアンのアナサジ族の残した断崖をくりぬいた一連の集落遺跡群で、現在国立公園になっている。また、世界遺産にも登録されている。スペイン語で、緑の台地という意味である、メサ・ヴェルデは81.4 mi² (211 km²) の地域を占めている。この入口は Cortez の町の東約9マイル (15 km) に位置している。

研究略史

メサ・ヴェルデ遺跡の存在は、1874年には知られていたが、本格的な考古学的調査の契機になったのは、1888年に 当地の牧場主リチャード・ウェザーリルによって「クリフ・パレス」が発見されて以来、ウェザーリル兄弟が一般調査で108ヶ所に及ぶ断崖をくりぬいた集落を確認してからである。 1891年に、考古学者であるジェズ・ウオルター・ヒュークス(J.W.Fewkes)とスウェーデン出身の 地質学者グスタフ・ノルデンシェルド によって初めて本格的な発掘調査がされた。

この地域は1906年7月29日に国立公園として制定された。によって管理されているすべての歴史的地域と同じく、この公園は1966年10月15日にの一覧に記載された。ここは1978年9月6日に世界遺産 (文化遺産) に登録された。

メサ・ヴェルデ管理地区 は1987年5月29日にアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定された。

概要

1世紀ごろから、この地に農耕民であるアナサジ族が住み始めたと推測されている。アナサジ族は、8世紀ころまでバスケット・メーカー文化と呼ばれる独特なかご作りで知られる文化を築いていたが、9世紀ころからキヴァという儀式を行う施設を伴う日干し煉瓦の壁によって区画された集落遺跡を築くようになる。これをプエブロ文化と呼び、 12世紀頃になると、外敵の襲来に備えた、本格的な「岩窟住居」を作り、そこに住み始めたと考えられている。 同時期の遺跡としては、ニュー・メキシコ州北西部の半円形の壮大なプエブロ・ボニート遺跡を中心とするチャコ・キャニオンの遺跡群が知られている。その他にも、ユタ、コロラド、アリゾナ、ニュー・メキシコ4州の州境が1点に集まるフォー・コーナーズ周辺にはコロラド州のメサ・ヴェルデをはじめとして、アリゾナ州のキャニオン・デ・シェイ、ユタ州のホヴンウィープなど数多くの遺跡群が見られる。ユタ州側にあるホヴンウィープ国定公園の遺跡群は極浅い谷あるいは涸れ沢の縁の平地に散在する形をとる。メサ・ヴェルデの住居遺跡がメサ上に少ないのは保安のための他に農耕に適したメサ(台地)上を農耕に優先したとのこともある。アナサジ族のこのような日干し煉瓦による壮大な建物が建てられた時期はプエブロIII期と呼ばれる。14世紀になると、とつぜん放棄されたと推測されており、謎となっている。 なお、アナサジとは、アナサジ族が消滅もしくは移住した後に同地域に流入し、現在も居住する先住民であるナバホ族の言葉で「古(いにしえ)の敵」あるいは「古の人々」を意味するが、現在は「先プエブロ」を意味する英語の "the Ancestral Puebloan" という表現を使う方向にある。

クリフ・パレスといわれる「岩窟住居」による集落が公園内最大の遺跡である。200室ほどあり、一番高いところの高さは、4階建て相当にもなる。さながら高級マンションのようでもある。クリフ・パレス、ロング・ハウスなど主要な遺跡コンプレックスへの立入りは公園レンジャーの引率によるツアー(有料)のみで許されている。シーズン中は混雑するので朝一番にビジター・センターで申し込む必要がある。

ニューメキシコ州とコロラド州に住むプエブロ族は、現在もこのような巨大集団住居からなる大集落を有している。

登録基準

Шаблон:世界遺産基準 Шаблон:世界遺産文化3

関連項目

外部リンク

以下のカテゴリーにリストされています:
コメントを投稿
ヒントとヒント
Cassidy S.
2014年10月4日
One of the best historical sites I've ever seen. You can see it with just the park's day pass but if you want to get closer you can do a guided tour.
Colorado
2012年1月23日
The park is home to more than 4,000 archeological sites, 600 of which are cliff dwellings. For a guided tour inside the amazing Cliff Palace, nab a spot at the Far View Visitor Center.
Stefan D.
2015年10月2日
Amazing historical place! Well worth a visit. Is you can, do a tour to one of the three bigger houses. It's just a few bucks and really nice!
Samantha Camara
2020年9月25日
It was fun going there but I wish they had more hands on things to do and I wish the museum was open plus the trails you basically have to drive to you can’t walk on any.
Crystal Faunt
2018年7月25日
If you’re here in summer go to the dwellings and get your hiking done in the morning. Afternoon summer storms are nothing to mess with around here.
Stephanie Osan
2013年7月1日
If you're not afraid of heights, be sure to take the guided tour of Cliff Palace. It's spectacular, and the park rangers are very knowledgeable and entertaining.
8.8/10
Maria Kalinina, Nikolay Kalinin そして、153,865より多くの人々がここにいました
Hampton Inn Mesa Verde/Cortez

開始$0

Holiday Inn Express Mesa Verde-Cortez

開始$156

Hampton Inn Mesa Verde/Cortez

開始$146

Hampton Inn Mesa Verde/Cortez

開始$0

Retro Inn at Mesa Verde

開始$77

Hampton Inn Mesa Verde/Cortez

開始$0

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Cliff Palace

Cliff Palace is the largest cliff dwelling in North America. The

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Hesperus Ski Area

The Hesperus Ski Area is located near the town of Hesperus, Colorado,

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
フォー・コーナーズ (アメリカ合衆国)

フォー・コーナーズ(英: Four Corners)は、アメリカ西部にある、4

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道

デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道(デュランゴ・アンド・シルバートンきょうきてつどう、English. Durango and Silverton Narrow Gauge Railroad、略称D&SNG)は、アメリカ合衆国コロラド州で、デュランゴとシルバートン (Silve

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Hovenweep National Monument

Hovenweep National Monument straddles the Colorado-Utah border west of

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Aztec Ruins National Monument

The Aztec Ruins National Monument preserves ancestral Pueblo

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Lowry Pueblo

The Lowry Pueblo is an Ancestral Puebloan archaeological site located

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
シップロック

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ストーンヘンジ

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
カホキア

カホキア(Cahokia)は、イリノイ州、セントルイス郊外にあるミシシッピ文化期(A.D.700年~1600年頃)の大遺跡。12~13世紀当時の政治、宗教の中心地であり、人口は1万人に達したと考えられている。防御用と推定される柵で囲まれた遺跡の中心部分には、「中央広場」を囲んで20基ほどのマウンドがある。そのうち最大のものは広場の北側にあるモンクス=マウンド(Monk's Mound)で、大きく2段の階段状になっており、その規模は、長さ316m、幅241mの長方形で高さは30.5mである。その底面積の大きさだけ見るとエジプトのピラミッドやテオティワカンの「太陽のピラミッド」を上回る大きさである。遺跡の中心部を囲んで北側、東側、西側にも広場を囲むようにしてマウンドが築かれ、マウンド数は合計120基ほどである。マウンドの機能は、ミシシッピ文化共通の特徴でもあるが、基本的には神殿と考えられる。また、発掘調査によって、墓としても使用されたことが判明している。墓は被葬者の身分によって様々なタイプがあった。副葬品には、貝殻ビーズ、バイ貝やホラ貝の容器、真珠、打ち出し細工を施した銅板などが見ら

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
マチュ・ピチュ

マチュ・ピチュ(Machu Picchu)は、現地語では「

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
マンモス・ケーブ国立公園

マンモス・ケーブ国立公園(マンモス・ケーブこくりつこうえん、Mammoth Cave National Park)とは、アメリカ合衆国ケンタッキー州中央部にあるアメリカ合衆国の国立公園の1つであ

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
聖オーガスティン修道院

すべての同様の場所を参照してください。