考古遺跡アテネ

パルテノン神殿

8.9/10

パルテノン神殿Parthenon)は、古代ギリシア時代にアテナイのアクロポリスの上に建設されたアテナ神を祭る神殿。現在残る神殿はペルシャ戦争後に建設されたもので、長さ68.7m、幅30.6mの周柱式神殿。通例、処女神殿と訳されるが、古代ギリシア語では、パルテノスは一般的に若い娘を意味する。古典時代のギリシア建築の傑作のひとつ。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。

神殿

古代ギリシア時代

アテネのアクロポリス神域の開闢は非常に古く、新石器時時代に遡る壁面、ミケーネ時代の城壁跡が発見されている。紀元前480年のクセルクセス1世による遠征で、それまでの神殿が略奪・破壊に遭ったため、執政官キモンは、それまであった神殿をそのまま再建することを指示し、カリクラテスが建設を委任された。彼らは、今日に至るまで残っている神域の南側の地盤を拡張し、正面幅23.4m、長さ66.3mの古パルテノンと同じ平面を持つ神殿を建設しようとした。

キモンが追放され、カリクラテスが解任されると、紀元前447年、再建はペイディアスとイクティノスに委任され、前者が彫刻を、後者が設計を担当した。既に建築途中の神殿を任された彼等は、旧パルテノンと同寸に加工された石材を用いることを余儀なくされたが、カリクラテスの設計した神殿の内陣ではフェイディアスによる神像を納めることができなかった。しかし、イクティノスは導き出される比例を綿密に計算し、正面の柱を6本から8本に、側面を16本から17本に拡張させることによって、現在の平面の設計を完成させた。

創建当時は、中央にフェイディアスが彫った巨大なアテナの黄金象牙像が安置され、様々な大理石の彫刻が破風や壁々を飾って絢爛を極めた。紀元前432年頃に建築されたが、建設の資金は、デロス同盟の資金が流用された。アクロポリス神域はその後も神殿が建設され、紀元前421年にはエレクテイオンの起工が行われ、紀元前420年にはペリクレスによって、アテネ・ニケ殿が建設された。

現在の地盤は正面幅30.9m、長さ69.5mで、柱の直径は1.9m、柱の高さは10.4mに及ぶ。

ローマ時代以降

アテナイがローマ帝国に支配されるようになっても基本的には変わらなかったが、ローマ帝国でキリスト教が公認。次いで国教となると、パルテノン神殿は生神女マリヤ(聖母マリア)に捧げられた大聖堂に改装され、正教会の教会として用いられた。1018年にはブルガリアを征服した東ローマ帝国の皇帝バシレイオス2世(在位:976年-1025年)が、ここで戦勝記念の聖体礼儀を行なったという記録が残っている。この頃は、まだ古代の壮麗な姿をほぼ残したままであったと思われる。

しかし、15世紀に東ローマ帝国を滅ぼしたイスラム教のオスマン帝国支配下では弾薬庫に転用され、そのためにヴェネツィア軍の砲撃を受けて大破してしまった。その後1800年代になって、大英博物館に彫刻の大部分が運ばれてしまった(エルギン・マーブル)。現在では返還運動が行われている。

建築様式

パルテノン神殿は、外部を囲む柱はドリス式オーダーだが、西側の後陣内部ではイオニア式オーダーの様式を取り入れている。それまでの方式では、一つの建築に様式を混在させることはなかった。神像の安置された内陣は、コの字型に上下2段のドリス式オーダーが配置され、アテナ神の格調高さを補強したが、これは今日では殆ど残っていない。

アクロポリス神域に残る神殿のうち、アテナ・ニケ神殿、エレクテイオンはイオニア式で、特にエレクテイオンは、イオニア式を用いた神殿の至宝といわれる。これらの神殿は、アクロポリス神域において、ドリス式のパルテノン神殿をより一層引き立てている。

世界遺産

Шаблон:世界遺産基準 Шаблон:世界遺産文化1 Шаблон:世界遺産文化2 Шаблон:世界遺産文化3 Шаблон:世界遺産文化4 Шаблон:世界遺産文化6

関連項目

Шаблон:Commons

  • ギリシア建築
  • ギリシャの世界遺産
  • 世界遺産の一覧
  • ロールス・ロイス(フロントグリルの形状はパルテノン神殿が元となった)
  • 法隆寺
カテゴリー:
コメントを投稿
ヒント&ヒント
によって手配:
Stefan Harijono
2010年8月9日
If you have a European University Student Card, don't go to the ticketing office, but go straight to the entrance, show your student ID and you will get free entrance!
VacazionaViajes
2012年10月1日
Principal edificio del conjunto arquitectónico de la Acrópolis, además del mayor símbolo de la belleza de la arquitectura clásica de la antigua Grecia.
場所
マップ
アドレス

0.1km from Zeus' Triangle, Athina 105 58 ギリシャ

ルートを検索
営業時間
Mon-Sun 8:00 AM–8:00 PM
リファレンス

Parthenon (Παρθενώνας) on Foursquare

パルテノン神殿 on Facebook

Novus City Hotel

開始$144

Titania Hotel

開始$115

Spacious Aristocratic Apartment in City Center

開始$0

Melia Athens Hotel

開始$244

Exarchion Hotel

開始$50

Athens Way

開始$139

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
アクロポリス
ギリシャ共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
エレクテイオン
ギリシャ共和国

エレクテイオン(Ελληνικά. Έρέχθειον, English. Erechtheion)とは、ギリシアの首都アテネのアクロポリス

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
アテーナー・ニーケー神殿
ギリシャ共和国

アテーナー・ニーケー神殿(アテーナー・ニーケーしんでん)はギリシャのアテネのアクロポリスにあったアテーナーを祭った神殿である。ニーケーはギリシア語で「勝利」を意味し、知恵の神としてのアテーナーをアテーナー・ニーケー (Athena Nike) として祭っていた。アクロポリス上の最初期のイオニア式神殿で、アクロポリスの入口(プロピュライア)の右、急峻な稜堡の南西角に位置していた。ここで市民は長く続いたスパルタとの戦争(ペロポネソス戦争)の勝利を祈って女神を祭った。アテーナー・ニーケー神殿はアテナイがギリシアの主要なポリスとなる野望を表したものだった。神殿はアクロポリスへの大階段の南の側面上の稜堡最上部にあり、そこがアテーナー・ニーケーの

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ディオニューソス劇場
ギリシャ共和国

ディオニューソス劇場(ディオニューソスげきじょう、Theatre of Dionysus)はアテナイのアクロポリスの麓に建てられていた大型野外劇場で、「ディオニュー

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ヘロディス・アッティコス音楽堂
ギリシャ共和国

ヘロディス・アッティコス音楽堂(ギリシア語: Ωδείο Ηρώδου του Αττικού,英語: Odeon of

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Choragic Monument of Lysicrates
ギリシャ共和国

Choragic Monument of Lysicratesの観光名所ですアテネ、 ギリシャ共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
風の塔
ギリシャ共和国

風の塔

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
アレオパゴス会議
ギリシャ共和国

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
アクロポリス
ギリシャ共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ペルセポリス
イラン・イスラム共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
アテーナー・ニーケー神殿
ギリシャ共和国

アテーナー・ニーケー神殿(アテーナー・ニーケーしんでん)はギリシャのアテネのアクロポリスにあったアテーナーを祭った神殿である。ニーケーはギリシア語で「勝利」を意味し、知恵の神としてのアテーナーをアテーナー・ニーケー (Athena Nike) として祭っていた。アクロポリス上の最初期のイオニア式神殿で、アクロポリスの入口(プロピュライア)の右、急峻な稜堡の南西角に位置していた。ここで市民は長く続いたスパルタとの戦争(ペロポネソス戦争)の勝利を祈って女神を祭った。アテーナー・ニーケー神殿はアテナイがギリシアの主要なポリスとなる野望を表したものだった。神殿はアクロポリスへの大階段の南の側面上の稜堡最上部にあり、そこがアテーナー・ニーケーの

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
マチュ・ピチュ
ペルー共和国

マチュ・ピチュ(Machu Picchu)は、現地語では「

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ペトラ
ヨルダン・ハシミテ王国

すべての同様の場所を参照してください。