ペルセポリス

ペルセポリス(Persepolis)はアケメネス朝ペルシア帝国の都。ダレイオス1世(ダーラヤーウ1世)が建設した宮殿群であった。遺跡はイランのファールス地方(当時の地名はパールサ地方)にあり、ペルセポリスの名はギリシャ語の記録に由来する。ペルシア語でなんと呼ばれていたのかは未だ不明である。紀元前331年、アレクサンドロス大王の攻撃によって破壊され、廃墟となった。

現在知られている限りペルセポリスの名がはじめて歴史に登場するのは、古代ギリシアの歴史家クレイタルコスの著した『アレクサンドロス伝』であったといわれている。この書が後世多くの学者によって引用されたためにペルセポリスの名もアケメネス朝の王都の名として広く知られるようになった。即ちペルセポリスの名が記録されるのは、既に破壊された後のことである。ペルセポリスという名称は「ペルシアの都」と、「都市を破壊する」を掛けた一種の言葉遊びであったとも言われている。

歴史

ダレイオス1世がペルセポリスの建設に着手したのは紀元前520年のことであった。これはダレイオス1世即位時の大反乱(詳細はアケメネス朝を参照)の鎮圧直後のことであり、当初帝国の中心として構想された都市であったといわれている。ペルセポリスはクーヒ・ラハマト(慈悲の丘)の山裾に自然の岩盤を利用して建設された。

クセノフォンの記録によればアケメネス朝の王は春3ヶ月間をスサ、夏2ヶ月間をエクバタナ、冬7ヶ月間をバビロンで過ごしたとあり、ペルセポリスは儀式用の都市であったのではないかという説もある。しかし、少なくても創建当初にはペルセポリスで実際に行政活動が行われていたことは宮殿跡から発見されたエラム語の文書でわかる。エラム語の行政文書は、少なくても紀元前509年から紀元前457年までの物が発見されている。

都市の建設も、ダレイオス1世の治世からクセルクセス1世(フシャヤールシャ1世 前486年-前465年)、アルタクセルクセス1世(アルタフシャサ1世 前465年-前424年)の治世前半まで継続して行われており、ペルセポリスで行政活動が行われていた時期と、建設活動が行われていた時期がほぼ重なっていることがわかる。一方でこれらの行政記録から、ダレイオス1世時代から既に王がこの都市に滞在することはほとんど無かったこともしられており、帝国の中心としては圧倒的にスサの方が重要性の高い都市であった。多くの学者の説によれば、ペルセポリスの主要な用途は帝国の新年祭を執り行う場であり、諸民族からの貢納を受け取り、アケメネス朝の王権が神から与えられたことを確認する聖域であったと言われている。また、天文観測所としての機能も持っていたといわれており、暦の制定に重要な役割を持ったと考えられている。

時代を経るごとにペルセポリスが実際の政治から遠ざかっていったことは、王城内部にアルタクセルクセス2世やアルタクセルクセス3世の墓が作られていることからも推察され、更に新年祭などの儀礼行為も次第にスサやバビロンに場所を移すようになってペルセポリスでは行われなくなったと言われている。にも関わらず、ペルセポリスはアケメネス朝の滅亡の時まで首都と見なされていた。これはアケメネス朝を滅ぼしたアレクサンドロス大王に纏わる諸記録からも明らかであり、またペルセポリス攻略の際に彼は12万タラントンの黄金を手に入れている。これは彼がスサで獲得した黄金の3倍にも上る量であり、これだけの財宝が保存されていたことは、アケメネス朝最末期においてもペルセポリスが重要な都市であったことを証明する。だからこそアレクサンドロス大王もわざわざこの都市を訪れ、そして破壊していったのである。

紀元前331にアレクサンドロス大王によって破壊されて以後、この都市は今日に至るまで廃墟であるが、その壮大な遺構は残され、イスラーム時代の記録にはマルアブ・スレイマン(ソロモンの遊技場)、ハザール・ストゥーン(千の柱)、チヒル・ミナール(40の尖塔)などと言う名で言及されており、現在のイランではタハテ・ジャムジード(ジャムジードの玉座)の名で知られている。

以下のカテゴリーにリストされています:
コメントを投稿
ヒントとヒント
karbasiha
2017年3月1日
آران وبیدگل با جاذبه های گردشگری کویر مرنجاب و دریاچه نمک خانه های قدیمی و تاریخی اکرمی بنی طبا آسیاب عصاری مسجد قاضی زیارت محمد هلال خانه کرباسی ها
added at 10.17: آران وبیدگل با جاذبه های گردشگری کویر مرنجاب و دریاچه نمک خانه های قدیمی و تاریخی اکرمی بنی طبا آسیاب عصاری مسجد قاضی زیارت محمد هلال خانه کرباسی ها
added at 10.25: ورودی برای کویر بستگی به اتوبوس یا سواری متفاوت است200000 ریال برای سکونت در خانه باغ شاکر با غذا هر نفر زیر 750000 است تومان قیمت بقیه غذا و خوراکی و کرایه ها و.... قیمت ها ارزان است. قیمت شتر سواری موتور سواری و ... قیمت بطری آب و غذا مناسب است ولی بهتر است ازداخل شهر بخرید و مردم اینجا خیلی ساده و خونگرم هستند و ...غذاهای محلی خیلی لذیذ هستند . با راهنمای محلی گردشگری کویر و دشت مرنجاب (آران و بیدگل )باید به کویر بروید . رعایت فرهنگ مردم لازم است . (بدون حجاب بودن و رقص ممنوع است )
aran arony
2017年2月28日
آران وبیدگل با جاذبه های گردشگری کویر مرنجاب و دریاچه نمک خانه های قدیمی و تاریخی اکرمی بنی طبا آسیاب عصاری مسجد قاضی زیارت محمد هلال خانه کرباسی ها
Dela Nf
2018年11月3日
This picture belongs to a bas-relief at Persepolis, representing a symbol in Zoroastrianism for Nowruz. Magnificent place,so much history...such an honor to walk where the greatest kings used to walk!
Alireza
2014年10月7日
Artistically cut stones used to be joined together using lead clips to make them resistant to earthquakes. Metal clips must be replaced or more cracks in the stones would appear over time.
Alireza
2014年10月7日
It is speculated that in this wonderful carving the lion and the cow are symbols of spring and winter. The lion conquers over the cow as the first day of spring (Nowruz) emerges.
Alireza
2014年10月7日
Two giant sphinxes depicted with bull's body, eagle's wings, and bearded man's head are standing at the eastern doorway of the Gate of All Nations.
Siavash Razavi
2021年7月23日
Persepolis (/pərˈsɛpəlɪs/; Old Persian: ????????????????; New Persian: تخت جمشید‎, romanized: Takht-e Jamshīd, lit. 'Throne of Jamshid') was the ceremonial capital of the Achaemenid Empire (c. 550–330 BC).
Hooman Shalchi
2017年4月30日
Words can not describe it! Fascinating-Amazing-Spectacular. DO NOT miss it if you are around.
Karan Hotel

開始$99

InterContinental Al Jubail

開始$276

SAS Hotel Al Jubail

開始$175

Family house

開始$296

Golden Tulip - Al Jubail Hotel

開始$85

Park Inn by Radisson Jubail Industrial City

開始$0

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Ka'ba-ye Zartosht

The Ka'ba-ye Zartosht (alt: Kaba-ye Zardusht, Kaba-ye Zardosht),

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Naqsh-e Rajab

Naqsh-e Rajab (alt: Naqš-e Rajab) is an archaeological site just east

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ナグシェ・ロスタム

ナグシェ・ロスタム(ペルシャ語: نقش رستم、英語:Naqsh-e Rustam)とは、イランのペル

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Tomb of Cyrus

The Tomb of Cyrus is the burial place of the ancient Cyrus the Great

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
パサルガダエ

パサルガダエ(ペルシャ語でШаблон:Lang)は、古代ペルシャの都市で、今日では、ユネスコの世界遺産に登録されている。ペルセポリスに残るエラム語の楔形文字によると、パサルガダエの名前は、Batrakataš と訳することができ、古代ペルシャ語の Pâthragâda が古代ギリシャ語に移入したとされるが、その意味は不明である。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Tomb of Hafez

The Tomb of Hafez and its associated memorial hall, the Hāfezieh, are

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Arg of Karim Khan

The Arg of Karim Khan (Persian: ارگ کريمخاني ɑrge KɑrīmKHănɪ

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
シャー・チェラーグ廟

シャー・チェラーグ廟 (ペルシア語: شاه چراغ‎)は、イラン, シーラーズに建設された霊廟

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アテーナー・ニーケー神殿

アテーナー・ニーケー神殿(アテーナー・ニーケーしんでん)はギリシャのアテネのアクロポリスにあったアテーナーを祭った神殿である。ニーケーはギリシア語で「勝利」を意味し、知恵の神としてのアテーナーをアテーナー・ニーケー (Athena Nike) として祭っていた。アクロポリス上の最初期のイオニア式神殿で、アクロポリスの入口(プロピュライア)の右、急峻な稜堡の南西角に位置していた。ここで市民は長く続いたスパルタとの戦争(ペロポネソス戦争)の勝利を祈って女神を祭った。アテーナー・ニーケー神殿はアテナイがギリシアの主要なポリスとなる野望を表したものだった。神殿はアクロポリスへの大階段の南の側面上の稜堡最上部にあり、そこがアテーナー・ニーケーの

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
エレクテイオン

エレクテイオン(Ελληνικά. Έρέχθειον, English. Erechtheion)とは、ギリシアの首都アテネのアクロポリス

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
フィラエ神殿

フィラエ神殿(フィラエしんでん)は、エジプト南部、アスワン近郊にあるヌビア遺跡。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Ħaġar Qim

Ħaġar Qim (IPA: [hæʤər'ʔi:m]) (English: Standing/Worshiping Stone

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
パサルガダエ

パサルガダエ(ペルシャ語でШаблон:Lang)は、古代ペルシャの都市で、今日では、ユネスコの世界遺産に登録されている。ペルセポリスに残るエラム語の楔形文字によると、パサルガダエの名前は、Batrakataš と訳することができ、古代ペルシャ語の Pâthragâda が古代ギリシャ語に移入したとされるが、その意味は不明である。

すべての同様の場所を参照してください。