Universitiesトロント

トロント大学

Zabihullah そして、238,869より多くの人々がここにいました
8.5/10

創立は、1827年のキングスカレッジに至る。カナダ屈指の名門大学で、主要キャンパスはダウンタウン地区のクイーンズ公園周辺にある。U of Tとも呼ばれる。1853年のユニバーシティカレッジ設立以降、トリニティカレッジ、ビクトリア大学、セントマイケルズカレッジを運営する。キャンパス敷地内に美術館や遺跡、公園、博物館、歴史的建造物などがある。メインキャンパスのほか、スカボロ、ミシサガにキャンパスがある。

キャンパス

トロント大学は3つのキャンパスで構成されており、3つのキャンパスとも拡張工事が進められている。近年、40以上の施設が完成または改善され、完成途上のものもある。この拡張プロジェクトは教育研究施設の拡張と優秀な学生を惹きつけるために行っている。

セントジョージ

セントジョージ・キャンパス(ダウンタウン・キャンパス)は3つの連合大学からなる4つの学部大学と3つのカレッジによって構成されている。この大学連合はもともと独立した大学であったが、後にトロント大学へと組み入れられた。

ダウンタウン・キャンパスは豊かな歴史建造物があることから観光名所となっており、映画撮影にもよく使われている。最も有名なのは1853年設立のユニバーシティカレッジ(University College)である。このキャンパスへは公共交通機関TTCでのアクセスが容易で、大学エリア内にはロイヤルオンタリオ博物館やオンタリオ州議事堂があるクイーンズ公園などが含まれる。

ミシサガ

セントジョージ・キャンパスから30kmほど西に位置しているトロント大学ミシサガ校(UTM)は、郊外のミシサガに位置する。クレジット川の浅瀬にあり、キャンパスの面積は0.9 km²。現代的なキャンパス様式で、エリンデール地区にあることからエリンデール・キャンパスと呼ばれることもある。 シャトルバスでセントジョージ・キャンパスと結ばれている。

現在キャンパス内は大規模な工事を行っており、プールを含む新しい競技用施設の建設が進められている。2006年 10月10日、新しい図書館「ヘイゼル・マッキャリオン・アカデミック・ラーニング・センター」(現ミシサガ市長の名にもとづく)がオープン。

近年UTMは医療研究の新しい拠点なることが決定し、トリリアム・ヘルス・センター(Trillium Health Centre)とクレジットバレー病院(Credit Valley Hospital)と提携した。

2007年夏には真新しい学生宿舎が完成予定。

スカボロ

ダウンタウン・キャンパスから30kmほど東にあるトロント大学スカボロ校(UTSC)は、トロント東部のスカボロ地区にあり、キャンパスの面積は1.2 km²。スカボロのハイランドクリーク地区にキャンパスの敷地があり経営学とコンピュータ学が著名。過去5年間で大規模なリノベーションが行われ、新図書館、学生宿舎、学生センター、校舎(経営、芸術)が刷新された。現在も工事が行われており、2009年には新しい校舎が完成予定。

歴史

トロント大学は1827年3月15日、キングス・カレッジが英国王室の認可(Royal Charter)を受けたことに始まる。キングス・カレッジ(King's College)はトロント英国教会の司教ジョン・ストラッチャン(John Strachan)によって創立された。この地域の住民のほとんどは英国教会系ではなかったものの、当初は英国教会の色彩が強い学校であった。後にアッパーカナダの統治のもと、1848年にキングス・カレッジは無宗教の教育機関へと変わり、1850年1月1日に「トロント大学」へと名称が変更された。

旧キングス・カレッジの建物は現在の州議事堂にあったが、廃校され、1853年、州内でより高度な高等教育を提供する「州のカレッジ("The Provincial College")」として、新しくユニバーシティ・カレッジがオープンした。

ユニバーシティカレッジは無宗教・無宗派の大学として設立されたが、トロント地域にある他の宗派の大学やカレッジはトロント大学連合(Federated universities)としてトロント大学に組み入れられた。これらの宗派系の大学にはカトリック系のセントマイケルズ・カレッジとメソジスト系のビクトリア大学、英国教会系のトリニティカレッジ大学がある。また、大学の体制はイギリスのロンドン大学連合をモデルとしている。

トロント大学が設立されてから20年の間に大学自体の建物が増え、トロント大学連合に加盟する小さな大学も増えた。オンタリオ州内には宗派の学校によるネットワークがあったが、これらの小さな私立学校は独自で運営するには困難を伴っていた。そして、多くの場合、不本意ながらもトロント大学連合に加盟する道を選んだ。トロント大学連合の「連合」はトロント大学内にあるそれぞれの大学やカレッジが自立性を維持したまま、トロント大学の施設をすべて利用できることを意味する。1892年にメソジスト系のビクトリア大学が、1904年には英国教会系のトリニティ・カレッジ、1910年にカトリック系のセントマイケルズ・カレッジがトロント大学連合に加盟しているが、今もそれぞれに独立性を維持している。現在、トロント大学は大学の法規則に相当する「"University of Toronto Act of 1971"」のもとに運営されている。

世界恐慌と世界大戦からの落ち込みの後、ベビーブーム期の1950年代から1960年代にかけてトロント大学は飛躍的な発展を遂げた。この期間に新しいカレッジがセントジョージ・キャンパス内に3つ、ニュー・カレッジとイニス・カレッジ、ウッズウォース・カレッジ、そのほかに郊外の西30kmほどの場所ミシサガにエリンデール・カレッジ(現在のトロント大学ミシサガ校)、東へ30kmほどのスカボロ地区にトロント大学スカボロ校の合わせて5つが設立された。

1980年代から1990年代にカナダの大学教育のあり方が大きく変わり、政府の年間予算から大学の助成金が削減された。これによって多くの大学が寄付やスポンサーによって成り立つ独立法人へと変わった。

トロント大学はカナダ経済の中心に位置し、商業地区へエリートを輩出する学校であったことから資金調達や寄付金を集めることに国内のどの大学よりも成功し、今日その額は15億カナダドルに上る。

1990年代から21世紀現在、今もなお、3つのキャンパスすべてにおいて拡大を続けている。

組織

プログラムの多様性において定評があり、学部は300以上、大学院は80以上を数える。工学、教育、医療の分野は北米トップクラスであり、特にアルツハイマーの研究では世界最高水準である。 歯科医療の分野でもトップレベルであり、日本からも多くの医師が留学している。多数のノーベル賞受賞者を出し、学生だけでなく教授のレベルも北米トップクラスである。 また、42の分野別の図書館を持ち、そのうち最大の図書館(ロバーツライブラリー)は、北米の大学全体で第3位の叢書量を誇る。

学生

学生数はカナダ最大規模。アメリカを含めた北米全体でも5番目の規模を有する。カナダ国内のトップクラスの学生のみならず、世界中から優秀な学生を集めており、アジア方面からの留学生も多い。

トロント大学は英国式のカレッジ(オックスフォード大学やケンブリッジ大学が採用しているものと同様)と呼ばれる学寮制(いわゆる単科大学や短期大学等のカレッジとはまったく別物)を採用している。ダウンタウンのセントジョージ・キャンパスの場合、学生は9つのカレッジのうちいずれかに属することになる。カレッジには男子寮、女子寮が併設されており、必ずしも入寮する必要はなく通学することもできるが、多くの学生(特に1、2年生)が入寮を希望し、共同生活を送っている(部屋は通常個室か二人部屋)。キャンパスライフの中でカレッジ対抗の催しも多く、巨大な大学の中で、学生が帰属意識を持てるシステムになっている。

北米では東アジア研究が盛んな大学としても知られており、東洋学部(東アジア学部)を設置しているほか、大学図書館から独立した組織が運営する専門の図書館「東アジア図書館」もある。東アジア各国の大学と積極的に交流しており、日本では大阪経済法科大学、大阪大学、大阪府立大学、関西学院大学、慶應義塾大学、九州大学、京都大学、神戸大学、国際教養大学、国際基督教大学、千葉工業大学、筑波大学(Phys Ed)、東京医科歯科大学、東京大学、東北大学、名古屋大学、名古屋外国語大学、日本大学、法政大学、立教大学、早稲田大学などと交換留学協定を締結し、学生の相互受け入れを行っている(州立大学ではあるが、オックスフォード大学やケンブリッジ大学と同様、上記カレッジにキリスト教由来のものが多いため、日本のミッション系の大学の一部とも親交がある)。

トロント大学は絶対評価と相対評価の双方を採用しており、学生間の競争は熾烈とされる。

ランキング

2007年版Academic Ranking of World Universities[1]では、カナダ国内1位、世界23位、2007年版The Times Higher Education Supplementによれば、カナダ国内3位、Newsweek発表の2006年大学世界ランキング[2]では、カナダ国内1位、世界18位にランクされている。

カナダ国内の大学ランキングではマクリンズ(Maclean's)雑誌は今年トロント大学を第3位にランク(去年2位)、1993-2005までトロント大学をカナダの中で1位にランクしている。医学、歯学、理学、工学 などのサイエンス分野に特に定評がある。

ビジネス・スクール(経営大学院)も有名でフィナンシャル・タイムズの2006年のMBAランキングで世界24位(2005年は21位)、ビジネスウィーク(Businessweek)のMBAランキングでは国際枠(アメリカの大学を除いた世界ランキング)で9位(2004年)にランクされている。特に金融工学の分野で実績を蓄積し、2000年には分野別ランキングで世界1位となった。

主な出身者

これまでに4人のカナダ首相を輩出している。また生理学・医学賞2人、物理学賞2人、化学賞2人、平和賞2人の計8人のノーベル賞受賞者を輩出している。

ノーベル賞受賞者

  • フレデリック・バンティング - インシュリンの発見者。ノーベル生理学・医学賞受賞(1923)
  • ジョン・ジェームズ・リチャード・マクラウド - インシュリンの発見者。ノーベル生理学・医学賞受賞(1923)
  • レスター・B・ピアソン - カナダの第14代首相。ノーベル平和賞受賞(1957)
  • アーサー・ショーロー - ノーベル物理学賞受賞(1981)
  • ジョン・ポラニー - ノーベル化学賞受賞(1986)
  • バートラム・ブロックハウス - ノーベル物理学賞受賞(1994)
  • ウォルター・コーン - ノーベル化学賞受賞(1998)
  • ジェームズ・オービンスキ - 元国境なき医師団評議会議長。ノーベル平和賞受賞(1999)

政治家

  • アーサー・マイエン - カナダの第9代首相
  • ウィリアム・L・マッケンジー・キング - カナダの第10代首相
  • ポール・マーティン - カナダの第21代首相
  • 谷岡郁子 - 日本の民主党参議院議員、中京女子大学学長

その他

  • アーヴィング・ゴッフマン - (Erving Goffman, 1922年6月11日 - 1982年11月19日)アルバータ州生れ、1945年カナダのトロント大学卒業、53年シカゴ大学でPh.D.取得。 1962年カリフォルニア大学バークレー校教授、68年ペンシルベニア大学教授、82年アメリカ社会学会会長。 社会交流遮断型施設の功罪研究権威。
  • ジョン・チャールズ・フィールズ - 数学者。フィールズ賞の提唱者。
  • ノーマン・ベチューン - 医師
  • マーガレット・アトウッド - 作家
  • マイケル・オンダーチェ - 作家
  • デヴィッド・クローネンバーグ - 映画監督、俳優
  • ドナルド・サザーランド - 俳優
  • ノーマン・ジュイソン - 映画監督
  • アグネス・チャン - 歌手、大学教授
  • ジェフリー・バトル - トリノ・オリンピック銅メダリスト(在学中)
  • 加賀美セイラ - ファッションモデル、歌手(休学中)
  • アグネス・チャン - (Agnes Miling Kaneko Chan、日本名:金子 陳美齢[かねこ チャンメイリン] 、英国領香港生まれの中国人歌手、大学教授、エッセイスト、小説家、日本ユニセフ協会大使。 上智大学国際教養学部(旧比較文化学部)から社会児童心理学科に編入1978年卒業。

内部リンク

  • マギル大学 (本校と双璧を成す文字通りカナダの最高学府)[3]

外部リンク

コメントを投稿
ヒント&ヒント
によって手配:
Hatem Khattab
2013年9月25日
If you have a class here, make sure to go to the room early on to know the way and avoid getting lost.
Adam Fontana
2012年1月24日
One of the best views of campus is from the top of the tower. Don't get caught.
場所
マップ
アドレス

カナダ 〒M5S 3H7 オンタリオ トロント トロント大学 - セント・ジョージ・キャンパス タワー・ロード

ルートを検索
営業時間
Sat-Sun None
Mon-Tue 9:00 AM–7:00 PM
Wed-Thu 9:00 AM–8:00 PM
リファレンス

上University College Foursquare

上トロント大学 Facebook

The Hazelton Hotel

開始$571

Pantages Hotel Toronto Centre

開始$0

The Roehampton Hotel

開始$178

Yorkville Penthouse Studio (Yonge & Bloor)

開始$157

Yorkville's Charm (Yonge & Bloor)

開始$146

Howard Johnson Hotel Yorkville

開始$158

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Soldiers' Tower
カナダ

Soldiers' Tower は、観光地、内Bell towersの一つであるト

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ロイヤルオンタリオ博物館
カナダ

ロイヤル・オンタリオ博物館(または王立オンタリオ博物館、英:Royal Ontario Museum、愛称:ROM)はカナダのトロントにある世界的に知られた博物館。北米では5番目に大きな博物

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
1 Spadina Crescent
カナダ

1 Spadina Crescent

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Gardiner Museum
カナダ

Gardiner Museum は、観光地、内Decorative arts museumsの一つである

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Little Glenn
カナダ

Little Glenn

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
アートギャラリー・オブ・オンタリオ
カナダ

アートギャラリー・オブ・オンタリオ (Art Gallery of Ontario) は、カナダのオンタリオ州トロントにある美術館であ

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Canon Theatre
カナダ

Canon Theatre

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Secret Swing
カナダ

Secret Swing

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Queen Saovabha Memorial Institute
タイ王国

Queen Saovabha Memorial Institute

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ソフィア大学
ブルガリア共和国

ソフィア大学(英語: Sofia University、公用語表記: Софийски университет „Св. Кли

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
シカゴ大学
アメリカ合衆国

The University of Chicago

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
スタンフォード大学
アメリカ合衆国

正式名称は、リーランド・スタンフォード・ジュニア大学。校訓は'Die Luft der Freiheit weht'(自由の風が吹く)。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ヘルシンキ大学
フィンランド共和国

ヘルシンキ大学(英語: University of Helsinki、フィンランド語

すべての同様の場所を参照してください。