世界遺産Campeche

カンペチェ

630,367の人々がここにいました
7.2/10

カンペチェ(Campeche)は、メキシコ湾岸にあるメキシコの都市で、カンペチェ州の州都である。2005年の国勢調査での人口は21万1671人だが、都市圏としての人口は23万8850人である。スペイン植民地時代に築かれた城壁や要塞などの防衛施設群が評価され、ユネスコの世界遺産に登録されている。

歴史

カンペチェはスペインのコンキスタドールたちによって1540年に「サン・フランシスコ・デ・カンペチェ」の名で建設された都市で、以前に存在していたマヤ人の都市カンペチュ(Canpech)もしくはキンペチュ(Kimpech)の上に築かれた。マヤ語では「ヘビとダニの地」を意味していたとされる。コロンブス到達以前に存在していた都市は、3000の住居と様々な記念建造物を擁していたとされるが、その痕跡はほとんど残されていない。

2006年に発見されたカンペチェの墓地は、エルナン・コルテスがマヤ人やアステカ人を服属させて間もなく、アフリカ人奴隷たちが連れてこられたことを示唆している。墓地は1550年頃から1600年代後半まで使われていたものだった。

カンペチェは、1840年代には人口約21000人を数えていた。19世紀半ばにシサル(Sisal)、次いでプログレソ(Progreso)に取って代わられるまではユカタン半島における主要な港だったのである。歴史的に見れば、20世紀の終わりにキンタナ・ロー州の発展が凌駕するまで、ユカタン半島では規模・重要性ともメリダに次ぐものであった。


世界遺産

歴史的城塞都市カンペチェ
(メキシコ)

カンペチェの大聖堂
英名 Historic Fortified Town of Campeche
仏名 Ville historique fortifiée de Campeche
面積 181 ha
登録区分 文化遺産
登録基準 文化遺産(2), (4)
登録年 1999年
拡張年  
備考  
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
'
  

都市には、スペインの植民地だった時代に、海賊などから町を守るために築かれた城壁や防衛施設が残されている。その保存状態の良さと建築水準の高さから、1999年にユネスコの世界遺産に登録された。本来はスペイン人たちが城壁の中に住み、現地の先住民たちはその周辺に形成されたサン・フランシスコ、グアダルーペ、サン・ロマンなどの地区(barrio)に住んだ。これらの地区には、当初の聖堂群が残されている。

都市の防衛施設群

フランシス・ドレイクをはじめとするイギリス人やオランダ人たちの海賊たちが、ほとんど160年もの間、恒常的に攻撃をしていたため、1686年に当局は市の防衛力増強に着手した。

フランス人技師ルイ・ブシャール・ド・ブクール(Louis Bouchard de Becour)は、壁とともに都市を囲んでいる防衛建造物群の統一を命じられた。その完成に際し、カンペチェの中心市街を取り囲む不規則な六角形の市壁は、長さ 2560m に及び、それぞれの角には防衛上の拠点が置かれていた。これらの防衛拠点は、以下のように異なる目的に転用されている。

  • サンティアゴ: 再建され、植物園 'Xmuch´haltún' として使われている。
  • サン・ペドロ: 旧監獄
  • サン・フランシスコ: 「大地の門」を守る。国立人類学・歴史学研究所(INAH)の図書館がある。
  • サン・フアン: 「大地の門」を守る。
  • サンタ・ロサ
  • サン・カルロス: 最初に設置された防衛拠点で、「海の門」を守っている。内部には市営博物館がある。
  • ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・ソレダ: これも「海の門」を守っている。防衛拠点として最大で、内部には市史博物館がある。

城壁には中心市街に至る4つの門があった。正門といえるのが「大地の門」(Puerta de la tierra, 1732年建造)と「海の門」(Puerta del mar)である。「大地の門」は、17世紀当時のアイテムを維持しつつも、毎週三夜、音と光の見世物を行う観光名所になっている。4つの門の残り2つは、グアダルーペ門とサン・ロマン門で、市壁に隣接する外の地区に通じている。

加えて、市内を守る要塞は、近隣の2つの丘にもあった。サン・ホセ・エル・アルト要塞(San José el Alto, 1762年建造)とサン・ミゲル要塞である。これらの要塞が具えている大砲の射程は長く、見張りにも使われていた。サン・ミゲル要塞は、現在博物館として使われており、スペイン人到達前の品々を収蔵している。サン・ホセ要塞は、当時の船舶や武器に関する収集品を収蔵している。

登録基準

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

参考文献

  • この記事の初版はウィキペディア英語版の記事が元になっている。以下の1点は、翻訳時にそこに掲出されていたものである。

外部リンク

コメントを投稿
ヒント&ヒント
によって手配:
Luis Perez
2013年8月15日
Sigue siendo el mejor lugar para adquirir insumos para tus fiestas
Oscar Román
2013年10月18日
El mejor lugar de campeche para comprar cosas para tu fiesta o reunión social!
場所
マップ
アドレス

Av. Miguel Alemán 105, Barrio de Guadalupe, 24010 Campeche, Camp., メキシコ

ルートを検索
営業時間
Mon-Sat 9:00 AM–9:00 PM
リファレンス

上Super Campeche Foursquare

上カンペチェ Facebook

City Express Campeche

開始$0

City Express Campeche

開始$47

Hotel Plaza Campeche

開始$54

Hotel Plaza Colonial

開始$53

Hotel Ocean View

開始$56

Hotel Maya Ah Kim Pech

開始$28

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ハイナ島
メキシコ合衆国

ハイナ島(Jaina island)は、

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
エズナ
メキシコ合衆国

エズナ (Edzn

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ウシュマル
メキシコ合衆国

ウシュマル (Uxmal) は、メキシコ、ユカタン州にある古典期後期から後古典期のマヤ文明の遺跡。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Sayil
メキシコ合衆国

Sayil は、観光地、内Maya sitesの一つであるCh

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Oxkintok
メキシコ合衆国

Oxkintok は、観光地、内Maya sitesの一つであるSanta Cruz、メキシコ合衆国。 それは、次の場所にあり

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
カバー (マヤ遺跡)
メキシコ合衆国

カバー(Kabah)は、メキシコのユカタン州にある古代マヤの遺跡で、ウシュマルなどと並んでプウク式の建造物で知られる。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Chunchucmil
メキシコ合衆国

Chunchucmil (Español: Chunchucmil (sitio

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Labna
メキシコ合衆国

Labna (Español: Labná)は、観光地、内Maya sitesの一つであるSaba

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
クサントス
トルコ共和国

クサントス (リュキア語でArñna, ギリシャ語でΞάνθος) は古代リュキアの

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ラウマ旧市街
フィンランド共和国

ラウマ旧市街(Vanha Rauma) は、フィンランドの町ラ

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Acropolis of Rhodes
ギリシャ共和国

Acropolis of Rhodes (ελληνικά: Ακρόπολη της Ρόδου)は、観光地、内世界遺産の

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ティーノ島
イタリア共和国

ティーノ島はラ・スペツィア湾(Golfo della Spezia)最西端にあたるリグーリア海に浮かぶ島である。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
イビサ島
スペイン

すべての同様の場所を参照してください。