VolcanosÁsólfsskáli

エイヤフィヤットラヨークトル氷河

8.2/10

エイヤフィヤットラヨークトル氷河(Eyjafjallajökull、発音:[ˈɛɪjaˌfjatlaˌjœkʏtl̥]) ( (・ファイル</span>、「島の山の氷河」の意)はアイスランドにある氷河のひとつである。立地としては、スコゥガル (Skógar) (英語)村の北、及びミルダルスヨークトル氷河 (Mýrdalsjökull) (英語)の西に位置している。

概要

この地域は、70万年ほど前より氷帽が火山(標高1,666 m)を覆っており、氷河期以来滅多にこの火山が噴火することはなかった。特に、アイスランドで圧密が始まった1100年前以降は、噴火した記録は4度だけしかない。

直近の噴火は2010年3~4月のもので、その次に新しい記録としては1821年から1823年にかけての噴火がある。このときの噴火では同時に氷河湖決壊洪水も発生している。それよりも過去の噴火は1612年と920年に記録されている。 この火山の火口は直径は3 kmから4 kmあり、その周りを100 km²の氷河が覆っている。

氷河の南側には数々の小山が大西洋との海岸線の間近に連なっており、その距離は5 kmほどである。近くに山が存在するという地形の特性上、海岸線近くには高く切り立った崖や、スコゥガフォス (Skógafoss) (英語)やセリャランスフォス (Seljalandsfoss) などの美しい滝を見ることができる。強風時には、小さな滝では水が舞い上げられることにより、まるで水が山へ登っていくかのような光景が見られる。

1821年から1823年にかけての噴火

このときの噴火は小規模なものだった。

しかし、それにより出た損害は予想以上に大きなものだった。フッ化物を多量に含んだ火山灰や有毒ガスにより、人や家畜が深刻なダメージを受け、同時に中規模の氷河湖決壊洪水も発生し、マルカルフリョゥト (Markarfljót) 川やホルトサ (Holtsá) 川の流域が被害を受けた。

最初の噴火は1821年の12月19日から20日にかけて始まり、翌日まで続いた。このときの火山灰は、火山の南から西にかけての地域に特に集中して落下した。

それ以降、1822年6月までは噴火は一時沈静化した状態が続いた。

同年6月末から8月初旬にかけて2度目の大規模な噴火が発生した。このとき噴き上げられた火山灰は南西はレイキャヴィーク付近のセルチャルトナルネース (Seltjarnarnes) (英語)半島、北はエイヤフィヨルズル (Eyjafjörður) (英語)峡湾にまで到達するほど広範囲に降り注いだ。

その後、8月から12月にかけての期間は火山活動は小康状態となった。しかし、その間もエイヤフィヨルズル (Eyjafjörður) では有毒ガス中毒によるものと思われる牛や羊の死亡が相次いだ。また、ホルトサ (Holtsá) 川では小規模な氷河湖決壊洪水も続発していた。その中でも最も規模が大きかった事例は、マルカルフリョゥト (Markarfljót) 川近くの平原を水浸しにしたものであった。だが、資料が不足しているため、その洪水の発生した詳しい日時までは不明である。

1823年、数名のハイキング・グループがエイヤフィヤットラヨークトル火山の火口の観察に訪れた。そのときに新たな噴火口が、グヴズナステイン (Guðnasteinn) から少しだけ西に位置するカルデラの最高点付近で発見された。

1823年春、カトラ山にほど近いミルダルスヨークトル氷河 (Mýrdalsjökull) (英語)の地下で噴火が起こり、同時にエイヤフィヤットラヨークトル火山の頂上から水蒸気の柱が立ち上った。

1821年の噴火の際に噴出した火山灰の痕跡はアイスランド南部の各地で見つかっている。この火山灰の色は濃い灰色で、きめの細かい粒子と二酸化ケイ素を68%から70%ほど含んでいるのが特徴である。

2010年の噴火

※地名へのリンクには、一部英語版Wikipediaの記事へのリンクも含む。

噴火の経緯

2009年のクリスマスの近日中に、火山性地震がエイヤフィヤットラヨークトルの火山地帯で続発し、火山の地下7 kmから10 kmの地点を震源とした小規模な地震(ほとんどがマグニチュード1か2)は数千回にも及んだ。

2010年2月26日、エイヤフィヨットル地方のソルヴァルスエイリ (Þorvaldseyri) 農場にあるアイスランド気象研究所(位置としては、今回の噴火口の南東15 kmほどの地点)のGPSが、付近の地殻が3 cm南方に移動したことを指し示し、そのうちの1 cm分は4日以内で移動したことがわかった。この異常な地震活動とそれに伴う地殻変動は、エイヤフィヤットラヨークトル火山のマグマ溜まりにマグマが溜まりつつあり、その圧力によりソルヴァルスエイリ (Þorvaldseyri) 農場付近で大規模な地殻変動が起こりつつあるという地球物理学者たちの仮説を裏付けるには充分な証拠となった。

地震活動はますます活発になり、同年3月3日から3月5日にかけては、火山を震源とする地震が3,000回も観測された。噴火の前兆と捉えるにはあまりにも微弱なもの(マグニチュード2)がほとんどだったが、付近の町では体に感じるような地震も増えてきていた。

2010年3月の噴火

現地時間2010年3月20日午後10時30分から午後11時30分(UTC)にかけて、氷河の数 km東にあるフィムヴェルズハゥルス (Fimmvörðuháls)峠の北側の斜面で遂に噴火が起こり始めた。エイヤフィヨットル、フリョゥスフリーズ (Fljótshlíð)、ランドエイヤル (Landeyjar)の地域に住まいを構える500人ほどの農家とその家族は一晩の間避難を余儀なくされ、レイキャヴィーク空港及びケプラヴィーク国際空港を離着陸する航空機は欠航が相次いだ。しかし、翌3月21日の夜には国内線・国際線ともに復旧している。

避難していた危険地域の住民達は、3月22日夜の市民保護部 (Civil Protection Department)の会議後に帰宅を許されたが、それはあくまで一時的なものに過ぎなかった。警察によりソゥルスメルク (Þórsmörk)やフリョゥスダールル (Fljótsdalur)の渓谷地帯の道は封鎖され、通行を許可されたジープ便だけがスコゥガル (Skógar)村からフィムヴェルズハゥルス (Fimmvörðuháls)の峠にかけての区間を通行することを許可された。3月29日には一時的に通行止めは解除されたものの、『2つ目の亀裂』が発見されると、「氷河や雪原の近くで噴火が起こり、鉄砲水が発生する危険性が高まった。」として、再び道路は封鎖された。しかし、この封鎖も翌4月1日正午過ぎには解除された。

噴火が起こった斜面には、巨大な亀裂が北東から南西にかけて長さ500 mに渡って広がっており、そこにあると考えられる10箇所から12箇所ほどの噴火口からは摂氏1,000度(華氏約1,830度)の溶岩が高さ150 mまで吹き上がった。溶岩はアルカリ性で粘度は高く、溶岩流の移動速度は遅かった。そのため、これは典型的なeffusive eruptionに分類される。溶岩は亀裂の4,000 m以上北東まで到達し、フルーナギル (Hrunagil)渓谷では、200 m(620 ft)以上の『溶岩の滝』が形成され、ソゥルスメルク (Þórsmörk)へとゆっくりとした速度で流れ込んだ。また、溶岩流は3月28日か3月29日までにはクロスアゥ (Krossá) 氾濫原に達し、景色を激変させてしまうだろうと予想されていたが、今のところこの場所に溶岩流が到達したという報告はない(2010年4月5日現在)。2010年3月25日、科学者たちはこの地で偽クレータ(pseudocrater)が噴火の時の水蒸気爆発により形成されるのを、有史以来初めて目撃することとなった。ソルヴァルスエイリ (Þorvaldseyri) での地殻変動は噴火が始まってからも2日間に渡って続いたが、徐々に終息する傾向にある。それに伴って今度は火山活動が活発になり、それはマグマ溜まりのマグマが減少していく傾向にあるということを示しており、噴火活動は小康状態に入るだろうとの見方が強くなった。現地時間3月31日午後7時(UTC)に、最初の噴火の亀裂の200 m北西に新たな亀裂(『2つ目の亀裂』)が発見された。多くの人々がこの亀裂の出現する瞬間を目撃している。目撃者の証言によると、「その亀裂は300 mほどの小さなものである。」とのことで、この亀裂から流れ出た溶岩は、既にフルーナギル (Hrunagil) 渓谷に達している。地理学者によると、この2つの亀裂は地下で同じマグマ溜まりを共有しているようである。なお、この新しい亀裂が出現した際に、付近の地震計やGPSが異常な地震活動や地殻変動を捉えたという報告は一切なかった。

地理学者のマグヌース・トゥミ・エイナルスソン (Magnús Tumi Einarsson) はクヴォトルスヴォトルール (Hvolsvöllur) 村での2010年3月21日の報道会議の場で、「この噴火はヘクラ山での2000年の噴火のように、比較的小規模なものになるだろう。」と語った。噴火は、氷河の地下というよりも、エイヤフィヤットラヨークトル氷河とミルダルスヨークトル氷河 (Mýrdalsjökull) の間にある峠で発生した。この場所は氷河からも離れているため、洪水の危険性は低いと考えられたが、噴火口の亀裂が氷河にまで延び、洪水の危険性が一気に高まる可能性も捨てきれなかった。アイスランド気象研究所のレーダー基地では、噴火開始から24時間以内は火山灰が観測されることはなかった。しかし、2010年3月22日夜に、フリョゥスフリーズ (Fljótshlíð) 地域(噴火地点より20 kmから25 km北西)で火山灰の降下が確認され、Hvolsvöllur町(噴火地点より40 km北西)でも、火山灰により車両がうっすらと灰色に染まる光景が見られた。3月22日午前7時頃、上空4 kmにも達する大きな噴煙が空に上がり、これは噴火が始まって以来最高のものとなった。現地時間2010年3月23日8時30分(UTC)、近くにあった雪の吹き溜まりまで高温のマグマが接近したことで小規模な水蒸気爆発が発生し、上空7 kmに達する水蒸気の柱が上がった。アイスランド気象研究所のレーダーがこの水蒸気爆発を観測し、それ以来、数多くの水蒸気爆発の発生が確認されている。

現地時間2010年3月22日午前10時頃(UTC)、クロスアゥ (Krossá) 川(この川の水はエイヤフィヤットラヨークトル氷河やミルダルスヨークトル氷河に流れ込む)のソゥルスメルク (Þórsmörk)地区(噴火地点から数 km北西の位置)に設置された流量測定装置が、この川の急激な水位と水温の上昇を記録。最終的に水温は2時間余りで摂氏6度(華氏43度)も上昇し、これは観測史上最高値となった。その後間もなく水位と水温はほぼ元の値へと戻っている。フルーナギル (Hrunárgil) 渓谷を流れるフルーナ (Hruná) 川に溶岩流が入り込み、水温が摂氏50度(華氏122度)から摂氏60度(華氏140度)の間まで上昇していることが地質学者の計測により判明した。これによりこの渓谷に流れ込んだ溶岩はこの川の水によって冷却されていることが証明された。

噴火口の近くで採取された火山灰のサンプルに含まれていたフッ化物の水溶性濃度はヘクラ山のものの3分の1くらいで、これは平均で灰1 kgあたりに104 mgのフッ化物が含まれていることになる。近くの農家には、「家畜に池や川の水を飲ませないように。」と注意が呼びかけられた。家畜の腎臓や肝臓に悪影響を及ぼし、死亡させてしまう危険があるためである(特に羊は危険性が高い)。しかし、この地域の伝統的な農業はアイスランドにとって欠かすことのできないものであった。

噴火の知らせを受け、さっそく『火山観光ツアー』を企画した旅行社も現れた。

2010年4月の再噴火

2010年4月14日から再び大規模な再噴火が起こった。主に炎と溶岩を噴出した3月の噴火とは異なり、火山灰は上空約1万6000mに達して南下し、イギリス北部に到達後、欧州北部と中部のほぼ全域に到達、18日にはスペイン北部に到達し、エンジン停止を避けるため18日には約30カ国で空港閉鎖となった。「9.11アメリカ同時多発テロ事件」を超える規模の歴史上例を見ない空路閉鎖である。日本でも全日空、日本航空のロンドン便が引き返しや以降の欠航などの影響があった。

噴火口を覆う厚さ200mの氷河が急速に溶け出しており、火山からは火山灰と混ざり合った氷河の水が真っ黒な川となって流れ、アイスランドでは洪水が発生する恐れがあるとして周辺約800人に避難勧告が出されたが、住民への避難勧告は僅かでニュースを見なければ噴火している事すら知らなかったと語ったほど現地住民のパニックはなかったという。

「2010年エイヤフィヤットラヨークトル噴火による交通麻痺」も参照

ヨーロッパでは17日だけで1万6000便、18日には2万便が欠航となり、15日からの飛行制限は約6万3000便となった。国際航空運送協会によると、航空会社の損失は1日あたり2億ドル(日本円換算約180億円)(1万6000便として)であるという。[]

噴火はさらに続き、噴煙は4月17日には高さ9,000mまで達し、火山灰は18日にロシアのウラル山脈まで到達する見込みであり、当局者は「航空路の混乱は数日続く見込み」としている。ライダー(LIDAR)による英国での4月16日の観測では、噴煙は高度3,000mから降下し1,500mにまで達した。世界気象機関(WMO)は16日の会見で「数週間にわたり火山灰は大気中を漂い、火山の噴火が終わるまで飛行の再開のメドは立たない」と述べ、事態の長期化を示唆した。英国気象庁は「火山灰はあと1週間英国上空に留まるだろう」と述べた。しかしエールフランスKLMとルフトハンザが試験飛行にも成功したことから、飛行再開への希望が出てきた。 4月19日にEUはテレビ会議による緊急運輸相理事会を開き、20日朝(現地時間)からの航空路の段階的再開を決定した。しかし噴火の見通しがはっきりしないことと、NATOのF16戦闘機のエンジンにガラス状の灰が付着していたことから、具体的な計画は未定のようで、まだ楽観は許されない。

カトラ火山との関係性

この2010年の噴火を除けば、ここ1100年の間にエイヤフィヤットラヨークトル氷河では3回の噴火が起きている。920年、1612年、そして1821年から1823年にかけての噴火である。この3つの事件はどれもカトラ火山の噴火の直前に発生している。2010年3月20日より、カトラ火山に近いフィムヴェルズハゥルス (Fimmvörðuháls) 峠で噴火が発生しているため、近いうちにカトラ火山も噴火するのではないかとの憶測が飛び交っている。カトラ火山はエイヤフィヨットラの火山と比べてもはるかに活発な活火山であり、巨大なマグマ溜まりを有し、強力な噴火を起こしてきたことで知られているが、現在のところ地殻変動や火山性地震などの異常の兆候は確認されていない。しかし、先述したようなエイヤフィヤットラヨークトル氷河の噴火とカトラ火山の噴火の関係性は強く信じられており、カトラ火山噴火の可能性を完全に排除することはできていないのが現状である。アイスランドの地理学者の中には「カトラ火山で噴火が発生した場合、氷河の氷が融解することにより大洪水が発生する可能性がある。」と指摘する者もいる。

地名の由来

「エイヤ」(; 複数属格不定形)はアイスランド語で「島」を、「フィヤットラ」(fjalla; の複数属格不定形)は「山」を、「ヨークトル」 () は「氷河」を意味する。

この地方には昔より、火山の周辺に点在する小山を指す言葉として「エイヤフィヨットル」(Eyjafjöll、「島の山」の意)という言葉があった。

また、スコゥガル (Skógar) (英語)村及び博物館の周辺の地域は"undir Eyjafjöllum"(under the mountains Eyjafjöll = エイヤフィヨットル山系の麓)と呼ばれていた。

関連項目

  • 氷河
  • 火山
  • 氷河湖決壊洪水
  • アイスランドの氷河
  • アイスランドの火山
  • アイスランドの滝

画像

2010年の噴火について

地質学について

カテゴリー:
コメントを投稿
ヒント&ヒント
によって手配:
Anna Baloo
2015年4月20日
2500 isk to see photos of the volcano???
Jean-francois Morel
2013年4月16日
3 ans après, il faut voir celui qui a vidé le ciel européen de ses avions!
場所
マップ
アドレス

6.6km from Þórsmerkurvegur, アイスランド

ルートを検索
リファレンス

Eyjafjallajökull on Foursquare

エイヤフィヤットラヨークトル氷河 on Facebook

Hotel Drangshlid

開始$105

Hotel Vestmannaeyjar

開始$174

Hellisholar Guesthouse

開始$93

Hotel Edda Skogar

開始$130

Hotel Eyjar

開始$162

Guesthouse Hamar

開始$82

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
スコゥガフォス
アイスランド共和国

スコゥガフォス (氷語: Skógafoss (pronounced [ˈskou.aˌfɔs])、「雑木

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
セリャラントスフォス
アイスランド共和国

セリャラントスフォス(Seljalandsfoss)は、アイスランド南部にある滝。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
カトラ火山
アイスランド共和国

カトラ火山(アイスランド語: Katla)はアイスランドの火山。山はヴィークの北

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Dyrhólaey lighthouse
アイスランド共和国

Dyrhólaey lighthouseの観光名所ですDyrhólahverfi、 アイスランド共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Dyrhólaey
アイスランド共和国

Dyrhólaeyの観光名所ですDyrhólahverfi、 アイスランド共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Reynisfjara beach
アイスランド共和国

Reynisfjara beachの観光名所ですReynir、 アイスランド共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Reynisdrangar
アイスランド共和国

Reynisdrangarの観光名所ですVík-Handelssted、 アイスランド共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
エルトフェットル
アイスランド共和国

エルトフェットル(氷語:Eldfell)とは、アイスランド・ヘイマエイ島にある標高200メートルの火山である。

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
テイデ山
スペイン

テイデ(Teide)もしくはピコ・デル・テイデ(Pico del Teide)は、カナリア諸島のテネリフェ島にある、スペイン領内最高峰に当た

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
バトゥール山
インドネシア共和国

バトゥール山 (Gunung Batur) は、インドネシア共和国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
エトナ火山
イタリア共和国

エトナ火山(エトナかざん、Etna)はイタリア南部シチリア島の東部にある活火山。旧名をモンジベッロ (Mongibello) という。ヨーロッパ最大の活火山であり、現在の標高は3,326mであるが、山頂での噴火により標高は変化する。1865年の標高はこれより21.6m高かった。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ポポカテペトル山
メキシコ合衆国

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
イジェン山
インドネシア共和国

イジェン複合火山(イジェンふくごうかざん、Ijen volcano complex)は、インドネシア東ジャワ州バニュワンギ県にある成層

すべての同様の場所を参照してください。