ティシット

ティシット (Tichit, تيشيت) は、モーリタニア東部のタガン高地 (Tagant) の麓にある町。建造されたのは1150年頃のことであり、独自の建築様式で知られる。現在のティシットの主産業はナツメヤシの栽培である。

町には博物館もある。

クサール(複数形はクスール)と呼ばれる伝統的集落の一角は、「ウアダン、シンゲッティ、ティシット、ウアラタの古いクスール」としてユネスコの世界遺産に登録されている。

関連項目

以下のカテゴリーにリストされています:
コメントを投稿
ヒントとヒント
ティシットに関するヒントやヒントはまだありません。たぶんあなたは仲間の旅行者のために有用な情報を投稿する最初の人になるでしょうか?:)
Azalai Grand Hotel

開始$134

Sheraton Bamako Hotel

開始$297

Hôtel Mirabeau

開始$74

Onomo Hôtel Bamako

開始$124

Azalai Hotel Dunia

開始$67

Radisson Blu Hotel Bamako

開始$167

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アクロポリス

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ペルセポリス

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アテーナー・ニーケー神殿

アテーナー・ニーケー神殿(アテーナー・ニーケーしんでん)はギリシャのアテネのアクロポリスにあったアテーナーを祭った神殿である。ニーケーはギリシア語で「勝利」を意味し、知恵の神としてのアテーナーをアテーナー・ニーケー (Athena Nike) として祭っていた。アクロポリス上の最初期のイオニア式神殿で、アクロポリスの入口(プロピュライア)の右、急峻な稜堡の南西角に位置していた。ここで市民は長く続いたスパルタとの戦争(ペロポネソス戦争)の勝利を祈って女神を祭った。アテーナー・ニーケー神殿はアテナイがギリシアの主要なポリスとなる野望を表したものだった。神殿はアクロポリスへの大階段の南の側面上の稜堡最上部にあり、そこがアテーナー・ニーケーの

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
マチュ・ピチュ

マチュ・ピチュ(Machu Picchu)は、現地語では「

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ペトラ

すべての同様の場所を参照してください。