Makishimachi

崇元寺

2.8/10

崇元寺(そうげんじ)は、沖縄県那覇市泊にあった臨済宗の寺で、1527年に創建されたとされている。

沖縄戦により焼失・全壊したが、三連アーチ型の石門が現在でも残っており重要文化財・歴史的建造物に指定されている。かつては尚氏王統の霊を祭る寺であったが、現在は公園として整備されている。

アクセス

  • 沖縄都市モノレール線(ゆいレール)美栄橋駅牧志駅からともに徒歩10分
  • 崇元寺バス停にて下車。系統番号10番、20番、22番、23番、27番、28番、29番、31番、52番、63番、77番、80番、101番、110番、120番が停車。

詳細は「沖縄本島のバス路線」を参照

(参考:バスマップ沖縄

関連項目

  • 琉球王国
  • 菩提寺
カテゴリー:
コメントを投稿
ヒント&ヒント
によって手配:
hasshiy
2014年3月2日
公園前の三連アーチ型石門は重要文化財に指定されています。かつては尚氏王統の霊を祭る寺であり沖縄戦で焼失したが、この石門のみが現在も残っています。
場所
マップ
アドレス

日本、〒902-0067 沖縄県那覇市安里 崇元寺通り

ルートを検索
リファレンス

上崇元寺公園 Foursquare

上崇元寺 Facebook

Hotel JAL City Naha

開始$141

First Street Okinawa Kokusai-dori Terrace

開始$472

Toyoko Inn Okinawa Naha Kokusai-dori Miebashi-eki

開始$57

Kariyushi Condominium Resort Naha Kumoji Tenshikan

開始$268

Secret House

開始$414

Secret House MAKISHI

開始$179

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
玉陵
日本

玉陵(たまうどぅん、玉御殿または霊御殿とも)は、琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓。所在地は沖縄県那覇市首里金城町。そもそもは第3代尚真王(在位1477年 - 1526年)が父、尚円王を葬るために建築したものである。世界遺産のひとつで沖縄県最大の破風墓。なお「玉陵」と名付く墓所はほかに「伊是名玉陵」、「山川の玉陵」がある。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
園比屋武御嶽
日本

園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)は16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽で、沖縄県那覇市首里真和志町一丁目に位置する。沖縄県指定史跡。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
首里城
日本

首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあった城。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Okinawa World
日本

Okinawa World

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
中城城
日本

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
沖縄県平和祈念資料館
日本

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
沖縄戦跡国定公園
日本

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
斎場御嶽
日本

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
Wat Bowonniwet Vihara
タイ王国

Wat Bowonniwet Vihara (ไทย: วัดบว

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
清水寺
日本

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ワット・シーラッタナーサーサダーラーム
タイ王国

ワット・シーラッタナーサーサダーラーム(英語:Wat Phra Sri Rattana Satsadaram、タイ語:วั

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム
タイ王国

ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーンはワット・ポー (Шаблон:Lang、「菩提の寺」の意) の名で有名なタイのバンコク・プラナコーン区にある王室寺院。黄金に輝く巨大な涅槃仏があり、涅槃寺とも呼ばる事もある。

ウィッシュリストに追加
私はここにしてきた
訪問
ワット・プラシン
タイ王国

ワット・プラシン=ウォーラマハーウィハーンはタイ王国・チエンマイにある寺院である。1345年ないし6年にラーンナー王パーユーが、父の骨を埋葬するために建立したとされ、当初はワット・リーチエンプラ (วัดลีเชียงพระ) たが、後にシヒン仏(獅子仏という意味)を祭るようになり、ワット・プラシン(獅子の寺)と呼ばれるようになった。

すべての同様の場所を参照してください。