松山空港

松山空港(まつやまくうこう、英: Matsuyama Airport)は、愛媛県松山市にある国管理空港。

概要

松山市中心部の西約6キロメートルの伊予灘に面した海岸線に位置する。空港法に基づく国管理空港で、国土交通大臣が設置管理する。主に国内線、国際線の民間航空に利用されており、中国・四国地方の空港では国内線旅客数は最多である。

前身は、1943年に開設された海軍航空隊の飛行場で、終戦とともに連合国軍が接収。1956年から国内線に利用され、1958年に空港整備法に基づく第二種空港に指定。1995年から国際線の定期便が就航した。

平行誘導路を備えた2,500メートルの滑走路1本のほか、旅客ターミナルビル、エプロン、管制施設などを有する。

航空機の優先進入路は海側に設定されており、半径10キロメートルの航空交通管制圏は、大阪航空局松山空港事務所が管制を行っているが、その上空の高度約4,500メートルまでの空域にはアメリカ海兵隊岩国基地が管理する岩国進入管制区が設けられており、国内の空港(共用空港を除く)では唯一、米軍が航空機の進入管制を行う。

2017年度の年間利用客数は305万4,883人(国際線4万6,656人、国内線300万7,827人)で、着陸回数、利用者数は、日本の空港の中でともに第15位となっている。

歴史

広島湾要塞の防空を担うため日本海軍が設営した吉田浜飛行場が前身。

太平洋戦争中には9つの航空隊および基地部隊として内海空本部が展開したほか、飛行場北側の敷地には予科練教育隊である松山海軍航空隊が置かれた。軍用飛行場としての名残は、周辺に3基保存されている戦闘機用の掩体壕にも見てとれる。なお、吉田浜飛行場時代の滑走路設備は、現在の滑走路と誘導路の中間に現存している。

戦後は、イギリス連邦占領軍により接収を経て、旧飛行場を拡張して民間空港として利用されている。

沿革

  • 1941年 - 海軍呉建築部の下、土木工事を内務省神戸土木出張所、建築工事を錢高組が担当して工事を開始する。
  • 1943年10月 - 第一期工事が終了し、松山海軍航空基地として使用を開始する。
  • 1944年4月 - 第二期工事として、掩体、隧道、誘導路の工事を開始する。
  • 1943年-1945年 - 第263空(戦闘機隊・豹部隊)、第341空(戦闘機隊・獅子部隊)、第653空(母艦部隊)、第541空(艦爆隊・響部隊)、第601空(母艦部隊)、二代目第343空(戦闘機隊・剣部隊)、171空(偵察機隊、翔部隊)、721空(神雷部隊)、大和空第二千早隊(中練特攻隊)の各航空隊のほか、基地部隊として内海空本隊が展開する。
  • 1945年 - 連合国軍に接収される。なお、朝鮮戦争時には米英軍が使用した。
  • 1952年7月 - 連合国軍による接収が解除される。旧基地のエプロン部分を滑走路とし、民間空港として整備する。
  • 1956年3月 - 大阪国際空港との間で民間旅客輸送を不定期便にて開始する。
  • 1958年2月 - 空港整備法に基づく第二種空港として指定される。
  • 1959年10月 - ターミナルビル(初代)が完成。1,200 m滑走路の供用を開始する。
  • 1961年
    • 4月 - 当空港初の民間定期便として、大阪国際空港線が就航する。
    • 9月 - 広島空港線が就航する( - 1999年3月)。
  • 1965年11月 - 東京国際空港への直行便が就航する。
  • 1966年1月 - 福岡空港線が就航する。
  • 1966年 - 全日本空輸のYS-11が着陸に失敗して伊予灘に墜落、乗員乗客全員が死亡した(全日空松山沖墜落事故)。この事故を機に滑走路延長、ILSなどの航行保安施設等の拡充が決定した。
  • 1967年4月 - 第1次空港整備5ヵ年計画(1967年度 - 1971年度)により、滑走路の延長計画などに着手。
  • 1968年 - ターミナルビル(2代目)が完成。
  • 1971年5月 - 名古屋空港線が就航する( - 2011年2月)。
  • 1972年
    • 3月 - 岡山線( - 1981年10月)および宮崎線( - 2005年2月)が就航する。
    • 4月 - 2,000 m滑走路の供用を開始し、中・四国で初めて(全国で6番目)のジェット化空港となる。
  • 1973年6月 - 海側からの離着陸を基本とする航空機騒音軽減運航(優先滑走路方式)規制を開始する。
  • 1978年
    • 11月 - ターミナルビルの運営会社「松山空港ビル」を設立する。
    • 12月 - 鹿児島空港線が就航する。
  • 1979年4月 - 初の国際チャーター便(香港行き)が就航する。
  • 1981年10月 - 第4次空港整備5ヵ年計画(1981年度 - 1985年度)により、2,500m滑走路の整備が決定される。
  • 1985年10月 - 滑走路延長工事が開始され、滑走路を海側に500 m延長するための埋立護岸工事および、ターミナルビル地域拡張工事に着手する。
  • 1986年11月 - 那覇空港線が就航する( - 2010年10月、2011年10月より再開)。
  • 1989年7月 - 運用時間を13時間に延長する(8:00 - 19:30 → 7:30 - 20:30)。
  • 1991年10月 - 新千歳空港線が就航する( - 2007年10月、2011年3月 - 2011年10月、詳細はかつての国内線定期就航路線の節などを参照)。
  • 1991年12月 - 延長2,500 mの滑走路および、旅客ターミナルビル(3代目)の供用を開始し、ジャンボジェット機の就航が可能となる。
  • 1992年
    • 1月 - 松山空港利用促進協議会が設立される(愛媛県、松山市、経済団体、関係企業で構成)。
    • 9月 - 新たな貨物ターミナルビルの供用を開始する。
  • 1994年
    • 9月 - 関西国際空港線が就航する( - 2009年10月)。
    • 12月 - 国際線ターミナルビルの供用を開始する。
  • 1995年4月 - ソウル線が就航する。
  • 1996年9月 - 仙台空港線が就航する( - 1998年12月)。
  • 1997年12月 - 小松空港線が就航する( - 1999年6月)。
  • 1998年6月 - 松本空港線が就航する( - 2001年7月)。
  • 2004年
    • 7月 - 上海線が就航する。
    • 10月 - 熊本空港線が就航する( - 2008年8月)。
  • 2005年
    • 2月 - 中部国際空港線が就航する。
    • 7月 - 運用時間を14時間に延長する(7時30分から20時30分だったものを、21時30分まで延長)。
  • 2007年4月 - 日本国内の空港では初の、エプロンルーフの運用を開始する。
  • 2008年1月 - 帰省ラッシュ時に、出発ロビー内にポンジュースの蛇口を設置する。
  • 2013年6月11日 - ジェットスター・ジャパンが就航(成田空港線)。国内線としては中四国で初めてのLCCとなる。
    • 10月11日・14日 - チャイナエアライン(CI)により 中華民国(台湾)・台北松山空港とのチャーター便が運航される。同名の空港同士を結ぶ航空便は世界初であるほか、民間航空会社による台北松山空港発着チャーター便も初。この後、台北松山空港および台北桃園空港とのチャーター便が、ANAやファーイースタン航空、エバー航空などにより運行される。
  • 2014年2月1日 - ピーチ・アビエーションが就航(関西国際空港線)し、LCCは2社となった。
  • 2015年7月17日 - 朝夕混雑解消のため、国内線手荷物検査場増設。
  • 2016年9月27日 - ソウル線(アシアナ航空)運休
  • 2017年
    • 5月 - 松山VOR/DMEが、空港敷地内へ移転、JAC福岡便JAL移管、エンブラエル170就航
    • 11月2日 - ソウル線(チェジュ航空)が就航
  • 2018年
    • 2月 - JAL伊丹便、エンブラエル170就航
    • 3月 - アイベックスエアラインズ、ANA札幌便、中部国際空港便(1往復IBEX移管)就航、ANA中部国際空港便減便
    • 5月 - JAL伊丹便、エンブラエル190就航
  • 2019年
    • 7月18日 - エバー航空の台北桃園線、就航予定。

施設

国内線ターミナル全体の構造としては、入口から見て1階は中央の到着ロビーを境に右手にANAとPeachのカウンター、左手にJAL・JAC、Jet Starのカウンターが配置され、ターミナル左端には四国八十八ヶ所巡りやサイクリング目的での利用客の為に更衣室が設けられている。2階は出発保安検査場が中央に設けられ、右手には土産物店、左手にはレストラン街がある。

国内線の搭乗口は4か所あり、保安検査場から見て左からA,B,C,Dと並んでいる。現在は、基本的に

  • 搭乗口Aと搭乗口BをJAL・JAC便(Jet Starも使用することが多い)
  • 搭乗口A、搭乗口Cと搭乗口DをANA便(搭乗口Aは新千歳/札幌便、搭乗口Cは実質的に羽田便専用となっており、搭乗口DはPeach便も使用する)

という棲み分けがされている。 国際線の搭乗口は、Eとなる。

制限エリアである搭乗待合室と、制限エリア外とで会話ができる電話が設置されており、出発直前まで見送り客と搭乗客とでやりとりすることができるようになっている。また、地元出身の航空機研究者・二宮忠八が設計した飛行機の模型が展示されている。

空港ターミナルビルの管理・運営は、1956年の民間航空の供用以来、伊予鉄道が行っていたが、1978年から松山空港ビル株式会社が行っている。

ラウンジ

  • 空港ラウンジ
    • サクララウンジ - JAL上級会員専用ラウンジ
    • ANAラウンジ - ANA上級会員専用ラウンジ
    • ビジネスラウンジ - クレジットカード・有料ラウンジ

松山空港ビル

松山空港ビル株式会社
Matsuyama Airport Terminal Building Co,Ltd
種類 株式会社
本社所在地 791-8042
愛媛県松山市南吉田町2731番地
設立 1978年11月
業種 不動産業
法人番号 3500001003709
事業内容 空港ターミナルビルの賃貸及び運営管理等
代表者 代表取締役社長 清水一郎
資本金 11億2,500万円
従業員数 40名
主要株主 (株)伊予鉄グループ
愛媛県
外部リンク

松山空港ビル株式会社(まつやまくうこうビル)は、当空港ターミナルビルの賃貸・管理等を行うために設立された企業である。

1978年設立。その後、1991年に新旅客ターミナルビル、1992年に新貨物ターミナルビル、1994年に国際線ターミナルビルの供用を相次いで開始している。

株主には、伊予鉄グループを筆頭に、自治体(愛媛県・松山市)のほか、就航会社の日本航空やANAホールディングス・金融機関(伊予銀行・愛媛銀行・愛媛県信用農業協同組合連合会)および地元メディア(愛媛新聞社・南海放送・テレビ愛媛)が名を連ねている。


就航路線

国内線

航空会社 目的地
日本航空(JAL)(OW) 東京/羽田、大阪/伊丹、福岡
日本エアコミューター(JAC)(OW) 鹿児島
全日本空輸(ANA)(SA) 東京/羽田、名古屋/中部、大阪/伊丹、沖縄/那覇
IBEXエアラインズ(IBX) 札幌/新千歳、名古屋/中部
Peach Aviation(APJ)★ 大阪/関西
ジェットスター・ジャパン(JJP)★ 東京/成田

かつての国内線定期就航路線

過去には、仙台空港・松本空港・小松空港・名古屋飛行場・岡山空港・広島西飛行場・熊本空港・大分空港・宮崎空港の各空港への路線が就航していた。

  • 大阪(関西)便は、エアーニッポン(ANK)が2009年(平成21年)4月1日から不採算路線であることや原油高騰のため1往復減便して1日2往復となり、その後も搭乗率が低迷していたため同年10月末で廃止となった。2014年2月からPeach Aviationにより運航再開された。
  • 熊本便は、天草エアライン(AMX)が2008年(平成20年)8月末をもって、原油高騰および新規路線(神戸 - 熊本便)開設に伴う機材繰りの都合のほか、頻発した機材トラブルによる搭乗率低迷の影響で廃止となった。
  • 宮崎便は、JACが1日1往復運航していたが、搭乗率が低迷していたため2005年(平成17年)2月末で廃止となった。
  • 新千歳便は、2007年10月まで運航された後、2011年3月〜10月の間の季節限定運航で一時的に復活したが搭乗率は芳しくなく、その後当初は同様に季節限定運航で開設した沖縄便が好調なことから、沖縄便が期間延長を重ねて通年で運航されるようになり、新千歳便は運休扱いとなっていたが、2018年3月25日から、ANAとのコードシェア便を運航しているIBEXエアラインズによって再開される事となった。
  • 沖縄便は以前は日本トランスオーシャン航空(JTA)が運航していたが、JALの経営難もあって廃止された。沖縄と結ぶ最初の就航地であった。2011年10月からANAが運航。

国際線

航空会社が2社以上の航路は、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便。

  • 中国東方航空 (MU) ・ 日本航空 (JL)
    • 中国・上海浦東国際空港(上海) : 就航時、週2便(月・金)。2012年4月18日から週3便(月・水・金)、2013年3月以降 4便(月・水・金・土)に増便されたが、2013年10月27日から週2便(月・金)に減便。エアバスA319型機。
  • チェジュ航空 (7C)
    • 韓国・仁川国際空港(ソウル) : 2017年11月2日から週3便(火・木・日)で就航。ボーイング737-800型機。夏季は週5便になっていたが、2018年冬ダイヤより週5便(月・火・木・金・日)を継続。
  • エバー航空(BR)
    • 中華民国(台湾)・台北桃園国際空港(台北):2019年7月18日より週2便(木・日)で就航予定。エアバスA321型機。

運休・廃止した路線・航空会社

  • アシアナ航空 (OZ)
    • 韓国・仁川国際空港(ソウル) : 就航時から週3便(火・金・日)。エアバスA320・A321型機。2016年9月27日より運休。

利用状況

(松山空港発)就航路線別旅客数/順位
行き先 旅客数 国内線順位
東京国際空港 約157万人 上位11位
大阪国際空港 057万人 上位47位

就航都市

国内線

  • 北海道:札幌/新千歳
  • 関東:東京/羽田、東京/成田
  • 東海:名古屋/中部
  • 関西:大阪/伊丹、大阪/関西
  • 九州:沖縄、福岡、鹿児島、沖縄/那覇

国際線

  • 韓国:ソウル/仁川
  • 中国:上海/浦東
  • 中華民国・台湾桃園国際空港(台北)(2019年)第3四半期より予定

交通

リムジンバス

  • 伊予鉄バス
    • 道後温泉駅前発着便(松山市駅、JR松山駅前経由)
  • いずみ観光
    • 壬生川駅発着便(今治駅経由)
  • 肱南観光バス
    • 八幡浜駅発着便(伊予大洲駅経由)

一般路線バス

松山市中心部までは日中約15分間隔でバスが運行されている。

  • 伊予鉄バス
    • [52]道後温泉駅前、湯の山ニュータウン、湧ヶ淵行(JR松山駅前、松山市駅、大街道経由)
    • [53]松山市駅行(JR松山駅前経由)

乗合タクシー

  • 愛媛近鉄タクシー(松山空港乗合シャトル)
    • 西条市・新居浜方面。

自動車

松山市中心部からのアクセスは愛媛県道18号松山空港線(通称:空港通り)を経由するのが一般的となっている。慢性的な交通渋滞が課題となっていたが、1998年に松山空港線の新路線(通称:新空港通り)が供用されたことにより松山市内中心部とのアクセスは改善された。空港リムジンバスも新空港通りを経由する。
松山市郊外からのアクセスは松山外環状道路空港線(松山ICと接続)が整備され、かなり短縮化された。

駐車場は、旅客ターミナルビル前と貨物ターミナル前に公営の駐車場がある(第一駐車場は立体駐車場となっている)。

2019年3月1日 第一駐車場の中央区画の平面駐車場であった場所に6階建て(屋上含む)の立体駐車場が完成、稼働開始。[1]

このほか、旅客ターミナルビルまで送迎付きの民間駐車場も近傍に存在する。

タクシーの場合は、松山駅・松山市駅まで2,000円前後。

路面電車乗り入れ計画

伊予鉄道の市内電車をJR松山駅前から南江戸地区まで延伸することが決定している。
この延伸は、最終的な松山空港乗り入れを視野に入れており、愛媛県の中村時広知事は、自身の2期目の政策として空港までの市内電車延伸に対する意欲を示している。また、松山市長に再選された野志克仁も、「低床の連結路面電車の導入や、伊予鉄道路面電車の松山空港への延伸を進めていきたい」という展望を述べるなど、実現に向けた動きが加速している。

周辺

  • 2019年2月現在、空港周辺のうち、西は瀬戸内海に面し、南と北は帝人をはじめとした工場群や下水処理場、東には住宅と工場・倉庫等が混在しているほか一部に水田などがあるが、大型の商業施設や観光施設などはない。
  • 空港近くの南吉田地区には松山海軍航空隊基地の遺構である掩体壕が3か所に現存している。
  • ターミナルから滑走路をはさんで西側には公園が整備されている。
  • 空港の北側に存在する北吉田公園は、飛行機、管制塔など、空港に関する遊具が存在する。

事故・インシデント

  • 1966年11月13日、大阪発の全日本空輸533便(日本航空機製造YS-11)が着陸に失敗して伊予灘に墜落、乗員乗客50人全員死亡。全日本空輸にとって2月4日に起きた羽田沖での墜落事故に次いで、この年2回目の墜落死亡事故となり、経営危機となり日本航空の支援を受けることになった(全日空松山沖墜落事故)。
  • 2009年1月30日、大阪行の日本エアコミューター2318便(ボンバルディアDHC8-Q400)が、飛行計画の承認を管制官から受けないまま離陸。その2分後に同機側が確認を求め、管制官は事後承認。
  • 2009年10月10日午後3時半頃、同空港に着陸予定だった自家用プロペラ機「パイパーPA-28」型機が胴体着陸を行った。乗員にけがはなかった。操縦者は「車輪を一度出したものの、空港まで遠かったので収納したが、そのまま着陸前に出すのを忘れてしまった」と供述している。

脚注

[]

外部リンク

以下のカテゴリーにリストされています:
コメントを投稿
ヒントとヒント
Sun Wukong
2014年5月6日
The prices for drinks and snacks at the airport is the same as a combini. Staff is helpful and friendly. Many gate attendants speak basic English.
Sun Wukong
2013年12月30日
If you have an early flight, check to see what time the airport opens as there is no indoor waiting area.
Taichi Nishida
2015年1月4日
朝は6:30にならないと入れないので、早朝の便を利用する場合は要注意。一階の揚げ物売り場で買えるじゃこてんが絶品。二階でいろんなお土産変えます。
Tomiya S
2015年9月10日
二階のビジネスラウンジは小さく、利用は一時間までですので注意しましょう。空港から道後温泉、大街道までのリムジンバスは460円です。道後温泉付近へ行く方は松山駅まで行って乗り換えるよりお得です。
Michiko Umezaki
2018年4月16日
年に一、二度空港を利用します!久しぶりに利用しましたが、二階のお土産売り場が変わっていました!待ち時間があったのでゆっくりお土産売り場を見て、買い物しました。一階にあるみかんタワーはいつ見てもいいですね!
Hirotsugu Ino
2017年12月25日
松山中心部とを結ぶバスはリムジンでは無いのもあるので注意して下さい。安いからと言って乗ってしまうと、渋滞に嵌って泣きを見るかもしれません。
Charter & Free Transfer Kominka Mitsuhama Ryokan

開始$99

Hotel Fine Garden Matsuyama Free Parking - Adult Only

開始$35

Hotel Sunroute Matsuyama

開始$45

Yurara Kazoku no Yu

開始$73

Hotel Crown Hills Matsuyama

開始$42

Guest House Casablanca

開始$24

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
松山城 (伊予国)

松山城(まつやまじょう)は、四国・愛媛県松山市にある城跡。別名金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
道後温泉

道後温泉(どうごおんせん)は四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉である。日本三古湯の一といわれる。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
青島 (愛媛県)

青島(あおしま)は瀬戸内海(伊予灘)海上に位置する愛媛県大洲市(旧:喜多郡長浜町)の島。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
大洲城

logo大洲城(愛媛県) 本丸から見た天守建築群本丸から

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
今治城

今治城(いまばりじょう)は、伊予国越智郡今治(四国・愛媛県今治市通町)にあった城。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
多々羅大橋

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
錦帯橋

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
瀬戸ウインドヒル発電所

瀬戸ウインドヒル発電所(せとウインドヒルはつでんしょ)は、(株)瀬戸ウィンドヒルによって運営されている、風力発電施設である。

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
シンガポール・チャンギ国際空港

シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール・チャンギこくさいくうこう、Шаблон:Airport codes)は、シンガポールの国際空港、また、東南アジア地域における有数のハブ空港でもある。チャンギ国際空港、シンガポール・チャンギ空港、チャンギ空港とも

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
新千歳空港

新千歳空港(しんちとせくうこう、英: New Chitose Airport)は、北海道千歳市と苫小牧市にまたがる空港で、空港法

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アンタルヤ空港

アンタルヤ空港(アンタルヤくうこう、Türkçe. Antalya Havalimanı、en-short. Antalya

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
仁川国際空港

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ハマド国際空港

ハマド国際空港(アラビア語: مطار حمد الدولي‎,英語: Hamad Inte

すべての同様の場所を参照してください。