現代美術館パリ

国立近代美術館 (フランス)

Sergey Tomilov, Sudden Def そして、81,748より多くの人々がここにいました
8.5/10

国立近代美術館 (こくりつきんだいびじゅつかん; Musée national d'Art moderne: MNAM) は、パリ4区の総合文化施設「ポンピドゥー・センター」内にある20~21世紀の近現代美術の作品を所蔵・展示する美術館である。

ピカソ、カンディンスキー、マティス、シャガール、レジェ、ミロ、ダリ、デュビュッフェ、ウォーホル、モンドリアン、ニキ・ド・サンファルなどの作品をはじめとする約100,000点の作品を所蔵し、近現代美術のコレクションとしては欧州最大、世界的にもニューヨーク近代美術館 (MoMA) に次いで第二の規模である。

通常、同センターの5階に近代美術、4階に現代美術の作品を展示し(常設展)、6階で企画展を行っている。

1992年、1969年に設立されたインダストリアル・デザインに関するフランス文化機関「産業創造センター(フランス語版)(CCI)」が国立近代美術館に統合され、CCIのコレクションが同美術館に収蔵された。

1956年に彫刻家コンスタンティン・ブランクーシが国家に寄贈し、1997年にレンゾ・ピアノにより再建されたアトリエ・ブランクーシ(ポンピドゥー・センター広場脇)も国立近代美術館の一部である。

歴史

旧リュクサンブール美術館

国立近代美術館の起源は、1750年にルイ8世がフランス最初の美術館として設立したリュクサンブール美術館に遡る。1818年にリュクサンブール美術館が所蔵する作品のうち、没後10年を経た画家の作品はルーヴル美術館に移動することになり、リュクサンブール美術館はこれ以外の画家の作品を所蔵するフランス最初の現代美術館(生存画家美術館)となった。

とはいえ、1880年までは、展示作品は主にサロンが購入したものであり、宮廷趣味を反映した古典主義的な歴史画、肖像画、風景画など、既存のジャンルの作品がほとんどであった。したがって、クールベやミレーなどの新しい傾向の画家の作品が画家の家族や美術品収集家らによって寄贈され、収蔵品に含められるようになったのは、1880年のサロンの民営化以降のことである。また、これ以後は、ウィンスロー・ホーマーやホイッスラーなどのフランス国外の画家の作品も収集し、まとまったコレクションになった1922年にジュ・ド・ポーム国立美術館に移動し、外国人画家の特別な展示室が設置された。

一方、1886年にリュクサンブール美術館の近くのフェルー通り(パリ6区)にあったオランジュリー(オレンジ栽培用温室; パリ1区のオランジュリー美術館のオランジュリーとは異なり、「オランジュリー・フェルー」と呼ばれていた)を改装して現代美術館が設立され、リュクサンブール美術館の所蔵品の一部をこちらに移動した。

パリにある2つの近代美術館

― 国立近代美術館とパリ市立近代美術館

やがて、リュクサンブール美術館も別館の現代美術館も手狭になり、建築家オーギュスト・ペレが1929年から30年にかけてトロカデロ宮殿(フランス語版)の敷地に「美術館シテ」を建設する予定であったが、最終的にペレがこれを断念すると、1932年、当時、リュクサンブール美術館の学芸員であった美術史家のルイ・オートクール(フランス語版)が新しい近代美術館の設立を提案した。一方、フランス政府も、王室の絨毯を製造していたサヴォヌリー工場の跡地に国立近代美術館を建てる計画を発表したため、2つの構想がかち合い、結局、パリ万国博覧会に合わせて建設する建物にパリ市立近代美術館と国立近代美術館を併設することになった。1937年、アルベール・ルブラン大統領により「近代美術宮殿」として落成し、後にパレ・ド・トーキョーと改名された。

ただし、国立近代美術館は仕上げ工事が必要であり、しかも戦争のため工事が中断されたために、1939年に予定されていた開館式が1942年まで延期され、1942年の開館も部分的なもので、軍政が敷かれていた占領地域の倉庫から取り寄せることができた作品は全体の3分の1程度であった。1922年にジュ・ド・ポーム国立美術館に移動した外国人画家の作品も、戦時中はシャンボール城に移動して保管していたため、展示することができなかった。

開館 (1947)

戦後、パリ市立近代美術館は1946年3月15日に再開し、「芸術とレジスタンス」と題する企画展を皮切りに活動を再開したが、国立近代美術館が再びシャンボール城から運び出した作品を併せて開館式を行ったのは1947年6月9日のことであった。

1974年、国立近代美術館の所蔵品のうち、フォーヴィスム(1905年)以降の作品をポンピドゥー・センターに移動し、1977年に同センターが開館した。1870年より前に生まれた後期印象派の画家の作品はパレ・ド・トーキョーに残されていたが、1986年にオルセー美術館に収蔵された。

所蔵品

1947年以降、当初リュクサンブール美術館が所蔵していた作品に、画家自身(ピカソ、ブラック、マティス、シャガール、ドローネーなど)またはその継承者(ブランクーシ、カンディンスキー、デュフィ、ルオーなどの継承者)および美術品収集家により寄贈された作品が多数加わり、大規模なコレクションが形成されることになった。

また、絵画、彫刻を含む造形芸術だけでなく、グラフィック・アート、写真、実験映画、ビデオ・アート、ニューメディア、インダストリアル・デザインなどの多岐にわたるジャンルの作品を収集している。

コレクション (常設展示)

美術館内部には小さな展示室がたくさんあり、1905年以降の画家または流派ごとに作品を展示している。

* 「紹介」は主要作品を含む複数の作品が所蔵されている芸術家、および日本人芸術家のフランス語による紹介(公式ウェブサイトの当該ページ; リンク許可)。作品は、このページのSES ŒUVRE(作品)およびVOIR PLUS(さらに表示)で閲覧可能。以下の芸術家の作品は常時展示しているわけではないので要注意。

近代芸術(1905年以降)

フォーヴィスム(野獣派)アンリ・マティス紹介; 主要所蔵作品『窓辺のヴァイオリニスト』『ルーマニアのブラウス』『大きな赤い室内』『金魚鉢のある風景』『マグノリアのある静物』『グレタ・プロゾルの肖像』『文様のある背景の前の装飾的人物』『ダビデ王の悲しみ 』『ブルー・ヌード』)、モーリス・ド・ヴラマンク紹介; 主要所蔵作品『赤い木のある風景』『自画像』)、ジョルジュ・ブラック (紹介; 主要所蔵作品『ギターを持つ女』『ギターを持つ男』『サロン』『卓上の静物』『ラ・シオタの小湾』『エスタックの陸橋』『テーブルクロスの上の果物とコンポート鉢』『サロン』『羽ばたき』)、ラウル・デュフィ (紹介; 主要所蔵作品『サン=タドレスの浜辺』『トゥルーヴィルのポスター』『旗で飾られた通り』『マルセイユ港の埠頭に停泊する船』)、ジョルジュ・ルオー (紹介; 主要所蔵作品『鏡の前の女』『傷ついた道化師』『深き淵より』『聖顔』)、 アンドレ・ドラン (紹介; 主要所蔵作品『コリウールの風景』『二艘の小舟』『紅茶カップ』)、アルベール・マルケ (紹介; 主要所蔵作品『マンギャンのアトリエで描くマティス』『ロッテルダム』『河岸』『夜のポンヌフ』)、オトン・フリエス、キース・ヴァン・ドンゲン、アンリ・マンギャン(フランス語版)オーギュスト・シャボー(フランス語版) キュビスム(立体派):画家のパブロ・ピカソ紹介; 主要所蔵作品『バレエ「パラード」の幕』『読書する婦人』『アルルカン (アルルカンに扮する画家サルバード)』『ミューズ』『女性の肖像』『春』『女性の頭部』『肱掛椅子に腰掛ける女』『まどろむ女』『秘密』『ロッキング・チェア』『トルコ帽の女性』)、フェルナン・レジェ紹介; 主要所蔵作品『婚礼』『読書』『2羽のオウムのいるコンポジション』『余暇 - ルイ・ダヴィッドへのオマージュ』)、フアン・グリス紹介; 主要所蔵作品『朝食』『ギター』)、ジョルジュ・ブラック、アルベール・グレーズ、ジャン・メッツァンジェ、ジャック・ヴィヨン(フランス語版)、アンドレ・ロート、オーギュスト・エルバン、彫刻家のアンリ・ローランス(フランス語版)レイモン・デュシャン=ヴィヨン(フランス語版)ジャック・リプシッツ(フランス語版)、アレクサンダー・アーキペンコ

未来派:ウンベルト・ボッチョーニ、カルロ・カッラ、ジャコモ・バッラ、ジーノ・セヴェリーニ、ルイージ・ルッソロ、アルベルト・マニェッリ(フランス語版)

ロシア・アヴァンギャルド(ロシア構成主義、シュプレマティスム):カジミール・マレーヴィチ、アレクサンドル・ロトチェンコ、エル・リシツキー、アレクサンドラ・エクステル(フランス語版)、ナターリヤ・ゴンチャローワ、ミハイル・ラリオーノフ、ジャン・プーニー(フランス語版)ウラジミール・バラノフ=ロシネ(フランス語版)レオポルド シュルヴァージュ(フランス語版)、パーヴェル・フィローノフ、ポール・マンスーロフ(フランス語版)ウラジミール&ゲオルギー・ステンベルグ(フランス語版)

表現主義・新即物主義:エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー、マックス・ペヒシュタイン、アウグスト・マッケ、アレクセイ・フォン・ヤウレンスキー、エミール・ノルデ、オスカー・ココシュカ、リオネル・ファイニンガー、オットー・ディクス紹介; 主要所蔵作品『ブリュッセルの鏡の部屋の思い出』『ジャーナリスト、シルヴィア・フォン・ハルデンの肖像』)、ジョージ・グロス、クリスチャン・シャド、マックス・ベックマン

ダダイスム・バウハウス:画家のマルセル・デュシャン紹介; 代表作『泉』)、パウル・クレー (紹介; 主要所蔵作品『庭の中の矢』『リズミカルなもの』『港の帆船』)、フランシス・ピカビア (紹介; 主要所蔵作品『ル・ルシレ』『スフィンクス』『カコジル酸塩の眼』『美徳』『仔牛の崇拝 』『ブルドッグと女たち』『仮面と鏡』)、マルセル・ヤンコ(フランス語版)、ゾフィー・トイバー=アルプ、ラウル・ハウスマン、ハンナ・ヘッヒ、クルト・シュヴィッタース、モホリ=ナジ・ラースロー、ヨゼフ・アルバース、オスカー・シュレンマー、彫刻家のジャン・アルプ、アントワーヌ・ペヴスナー、ナウム・ガボ

抽象絵画(デ・ステイル)・具象絵画:フランティセック・クプカ、ワシリー・カンディンスキー紹介; 主要所蔵作品『サン=クルー公園, 薄暗い並木道』『空の青』『黒い弧のある絵』『灰色の中に』『塔のある風景』『黄 - 赤 - 青 』『相互の和音』)、ロベール・ドローネー紹介; 主要所蔵作品『詩人フィリップ・スーポー』『躍動, 生きる喜び』『都市 No. 2』)、ピエト・モンドリアン (紹介; 主要所蔵作品『ニューヨークシティ I』『赤・青・白のコンポジション II』)、バート・ファン・デル・レック(フランス語版)、テオ・ファン・ドゥースブルフ、ジョルジュ・ヴァントンゲルロー、フィルモス・フサール、セザール・ドメラ(フランス語版)、ジャン・エリオン、オットー・カールスンド(フランス語版)ヴィリー・バウマイスター(フランス語版)オットー・フロイントリッヒ(フランス語版)ホアキン・トレス=ガルシア(フランス語版)マックス・ビル(フランス語版)リチャード・モーテンセン(フランス語版)オーレリー・ヌムール(フランス語版)

その他の彫刻家:コンスタンティン・ブランクーシ (紹介)、アンリ・ゴーディエ=ブルゼスカ(フランス語版)、フリオ・ゴンサレス、アレクサンダー・カルダー、ヘンリー・ムーア

エコール・ド・パリの画家:マルク・シャガール紹介; 主要所蔵作品『ロシアとろばとその他のものたちに』, 『杯を掲げる二重肖像 』, 『白い襟のベラ』)、アメデオ・モディリアーニ (所蔵作品『赤い顔』『モイズ・キスリング』)、シャイム・スーティン (紹介; 主要所蔵作品『給仕』『七面鳥のある静物』)、藤田嗣治 (紹介; 主要所蔵作品『カフェ』『友情』『花咲く河岸, ノートルダム』)、モイズ・キスリング、ジュール・パスキン、マリア・ブランシャール(フランス語版)

シュルレアリスムジョルジョ・デ・キリコ紹介; 主要所蔵作品『ある午後のメランコリー』『ギョーム・アポリネールの肖像』『二人の人物』)、サルバドール・ダリ紹介; 主要所蔵作品『不可視のライオン, 馬, 眠る女』『部分幻影, ピアノに現れたレーニンの六つの肖像』)、ルネ・マグリット紹介; 主要所蔵作品『夏の階段』『二重の秘密』『旅の想い出』『赤いモデル』『陵辱』『ストロピア』)、マックス・エルンスト紹介; 主要所蔵作品『解剖 - 花嫁』『ユビュ皇帝』『キマイラ』『視覚の内部』『三本の糸杉』『最後の森』『嘘八百』)、ジョアン・ミロ紹介; 主要所蔵作品『青 II』『シエスタ』『絵画』『闘牛』)、アンドレ・ブルトン、マン・レイ紹介; 代表作『アングルのヴァイオリン』)、ドラ・マール、イヴ・タンギー紹介; 主要所蔵作品『夏の4時, 希望…』『岩の窓のある宮殿』)、アンドレ・マッソン、ロベルト・マッタ、ヴィフレド・ラム、ポール・デルヴォー、アルベルト・ジャコメッティ、ハンス・ベルメール、ヴィクトル・ブローネル(フランス語版)、ジョゼフ・コーネル、メレット・オッペンハイム

抽象表現主義:ジャクソン・ポロック、マーク・トビー(英語版)、マーク・ロスコ、バーネット・ニューマン、ウィレム・デ・クーニング、アーシル・ゴーキー、クリフォード・スティル(英語版)ロバート・マザーウェル(英語版)、サム・フランシス、アドルフ・ゴットリーブ、ケネス・ノーランド(英語版)フィリップ・ガストン(英語版)ポール・ジェンキンス(英語版)ジョアン・ミッチェル(英語版)、サイ・トゥオンブリー

抒情的抽象・タシスム:ヴォルス、ジョルジュ・マチュー(フランス語版)ハンス・アルトゥング(フランス語版)カミーユ・ブライアン(フランス語版)ジャン=ポール・リオペル(フランス語版)、ニコラ・ド・スタール、ピエール・スーラージュ、ジェラール・シュネデール(フランス語版)ジャン・ドゥゴテックス(フランス語版)ピエール・タル=コート(フランス語版)ブラン・ヴァン・ヴェルデ(フランス語版)趙無極(フランス語版)オリビエ・ドゥブレ(フランス語版)シモン・アンタイ(フランス語版)アンドレ ランスコイ(フランス語版)アルフレッド・マネシエ(フランス語版)ジャン・バゼーヌ(フランス語版)ジャン・ル・モアル(フランス語版)ロジェ・ビシエール(フランス語版)モーリス・エステーヴ(フランス語版)シャルル・ラピック(フランス語版)セルジュ・ポリアコフ(フランス語版)、マリア・エレナ・ヴィエイラ・ダ・シルヴァ、アルパド・スゼンヌ(フランス語版)

ギュスターヴ・サンジェ(フランス語版)ジュリアス・ビジア(フランス語版)ベルナルド・シュルツェ(フランス語版)フランソワ・スターリ(フランス語版)エティエンヌ・マルタン(フランス語版)

アンフォルメル(非定型の芸術)・アール・ブリュット(生の芸術):ジャン・フォートリエ、ジャン・デュビュッフェ、アントニ・タピエス、ルーチョ・フォンタナ、アルベルト・ブッリ、ジュゼッペ・カポグロッシ(フランス語版)ベルナール・レキショ(フランス語版)ガストン・シェサック(フランス語版)エンリコ・バイ(フランス語版)マノロ・ミジャーレス(フランス語版)アントニオ・サウラ(フランス語版)、エドゥアルド・チリーダ

コブラ (CoBrA)アスガー ヨルン(フランス語版)、カレル・アペル、ピエール・アレシンスキー(フランス語版)クリスチャン・ドートルモン(フランス語版)ギヨーム・コルネイユ(フランス語版)コンスタント・ニーヴェンホイス(フランス語版)ジャック・ドゥーセ(フランス語版)ジャン=ミシェル・アルタン(フランス語版)エギル・ヤコブセン(フランス語版)カール=ヘニング・ペデルセン(フランス語版)

具体美術協会 (GUTAI)白髪一雄紹介; 所蔵作品『地然星混世魔王』)、村上三郎紹介)、田中敦子紹介)、嶋本昭三紹介; 所蔵作品『この上を歩いてください』)、堂本尚郎紹介; 所蔵作品『絵画』(1960)『絵画』(1962))、今井俊満紹介

キネティック・アート(オプ・アート、視覚芸術探求グループ):ヴィクトル・ヴァザルリ、

ヘスス=ラファエル・ソト(フランス語版)カルロス・クルズ=ディエズ(フランス語版)、ヤコブ・アガム、ブリジット・ライリー (画家)(フランス語版)

フリオ・レ・パルク(フランス語版)フランソワ・モルレ(フランス語版)オラシオ ガルシア=ロッシ(フランス語版)フランシスコ・ソブリノ(フランス語版)ジョエル・ステイン(フランス語版)イヴラル(フランス語版)ポル・ビュリ(フランス語版)グレゴリオ・バルダネガ(フランス語版)ニコラ・シェフェール(フランス語版) その他、ピエール・ボナール (紹介; 主要所蔵作品『レーヌ・ナタンソンと赤いセーターのマルト』『浴槽の裸婦』『背を向けて化粧する裸婦』『洗面所の鏡の中の自画像』『ミモザの見えるル・カンネのアトリエ』『ルヴュ・ブランシュのポスター』)、モーリス・ユトリロ (紹介; 主要所蔵作品『ラパン・アジル』『コタン小路』)、アンリ・ルソー、ポール・シニャック、アリスティド・マイヨール、シュザンヌ・ヴァラドン、マリー・ローランサン紹介; 主要所蔵作品『ターバンの女』『鳩を持つ女たち』)、ソニア・ドローネー(フランス語版)タマラ・ド・レンピッカ紹介; 主要所蔵作品『青い服を着た若い女』)、ジョージア・オキーフ、フリーダ・カーロ、ルイーズ・ネヴェルソン、ルイーズ・ブルジョワ紹介; 主要所蔵作品『Cumul I』)、ジェルメーヌ・リシエ(フランス語版)

ジュディット・レイグル(フランス語版)、ドロテア・タニング、草間彌生紹介、所蔵作品『My Flower Bed』)、ディエゴ・リベラ、ジョルジョ・モランディ、バルテュス紹介; 主要所蔵作品『キャティーの化粧』『アリス』『トルコ風の部屋』『木のある大きな風景 (シャシーの農家の中庭)』)、ベルナール・ビュフェ、フランシス・ベーコン紹介; 主要所蔵作品『風景の中のヴァン・ゴッホ 』『部屋の中の三人の人物』)などの作品

現代芸術(1960年以降)

ポップアート:リチャード・ハミルトン、アンディ・ウォーホル紹介; 主要所蔵作品『10人のリズ』)、ロバート・ラウシェンバーグ、ジェームス・ローゼンクイスト、ロイ・リキテンスタイン紹介; 所蔵作品『4枚のパネルの付いたモジュラー絵画』『ホットドッグ』)、ジャスパー・ジョーンズ、クレス・オルデンバーグ、ジョージ・シーガル、ジム・ダイン、エド・ルシェ

ヌーヴォー・レアリスムイヴ・クライン紹介; 主要所蔵作品『青の時代の人体測定』 『偉大な青の食人行為』)、ジャン・ティンゲリー、ニキ・ド・サンファル紹介; 所蔵作品『花嫁』『磔刑』『射撃』)、アルマン、セザール・バルダッチーニ、

ミンモ・ロテッラ(フランス語版)、クリスト&ジャンヌ=クロード、レイモン・アンス(フランス語版)ジャック・ヴィルグレ(フランス語版)マルシャル・レイス(フランス語版)オイヴィント・ファールシュトレーム(フランス語版)ダニエル・スペーリ(フランス語版)

グループ・ゼロ (ZERO)・グループ・ニュル (NUL)ハインツ・マック(フランス語版)オットー・ピーネ(フランス語版)ギュンター・ユッカー(フランス語版)コンラッド・クラフェック(フランス語版)ヘルマン・デ・フリース(フランス語版)ヤン・スホーンホーヴェン(ドイツ語版)

前衛美術雑誌『アジムート(Azimuth)』・アルテ・ポーヴェラ:ピエロ・マンゾーニ、エンリコ・カステラーニ(イタリア語版)ピエロ・ドラツィオ(イタリア語版)ダダマイーノ(フランス語版)ジュゼッペ・ペノーネ(イタリア語版)マリオ・メルツ(フランス語版)、ヤニス・クネリス、ルチアーノ・ファブロ(イタリア語版)ジョバンニ・アンセルモ(イタリア語版)アリギエロ・ボエッティ(イタリア語版)ミケランジェロ・ピストレット(イタリア語版)ピエロ・ジラルディ(イタリア語版)ジルベルト・ゾリオ(英語版)

フルクサス:ジョン・ケージ、ラ・モンテ・ヤング、ヨーゼフ・ボイス、ナム・ジュン・パイク、ヴォルフ・フォステル(フランス語版)、ジョージ・ブレクト、ロベール・フィリュウ(フランス語版)ベン・ヴォーチェ(フランス語版)ディーター・ロート(フランス語版)オノ・ヨーコ紹介)、ジャン=ジャック・ルベル(フランス語版)

ミニマリズム・BMPT、シュポール・シュルファス(フランス語版):エルズワース・ケリー、ロバート・ライマン、カール・アンドレ、ダン・フレイヴィン、ダン・グレアム(英語版)、ドナルド・ジャッド、ソル・ルウィット、アグネス・マーティン(英語版)、ロバート・モリス、ブルース・ナウマン、リチャード・セラ、フランク・ステラ、フランソワ・モルレ(フランス語版)マルタン・バレ(フランス語版)、ダニエル・ビュラン、オリヴィエ・モセ(フランス語版)ミシェル・パルモンティエール(フランス語版)ニエル・トロニ(フランス語版)クロード・ヴィアラ(フランス語版)ルイ・カーヌ(フランス語版)ダニエル・ドゥズーズ(フランス語版)パトリック・セトゥール(フランス語版)ジャン=ピエール・パンスマン(フランス語版)アンドレ=ピエール・アルナル(フランス語版)ピエール・ビュラグリオ(フランス語版)フランソワ・ルーアン(フランス語版)クリスチャン・ジャカール(フランス語版)ヴァンサン・ビウレス(フランス語版)ノエル・ドラ(フランス語版)ベルナール・パジェス(フランス語版)トニ・グラン(フランス語版)

フィギュラシオン・ナラティブ(フランス語版)(物語的具象派)エルヴェ・テレマック

カテゴリー:
コメントを投稿
ヒントとヒント
Abeer
2017年3月13日
Great selection of modern and contemporary art. Works by Mattise, Picasso and Kahlo can be found here besides other works that track the 20th artistic movements from cubism, expressionism to dadaism!
Sofiane SMMC
2013年7月4日
Take the multi pass : many museums & no line ups which can be crazy like at the Louvres...also, visit for the afternoon & finish at the rooftop to enjoy a fantastic view of Paris in the sunset. Voilà!
Dorothy????Boo Larosa????????????
The museum is amazing BUT the bathrooms need work and the food in the cafe is overpriced and sub-par ... Also it is rather crowded but well worth it if you like I love modern and contemporary art!
Gamze Alhamo Sarıtaş
2016年3月12日
This building is a good sample of typical and modern architecture. When you start to walk around the building you can see exhibition and historical places at the same time. ✔️
Shirley Liu
2014年3月3日
Quite a few Henri Matisse pieces, a couple of Picasso works but I love Ten Lizes by Andy Warhol most (4th floor). Also amazing Henri Cartier-Bresson exhibit through June 2014!
Fleur Julie
2017年3月20日
There are various galleries within and you need a lot of time to see it all. Get the ticket to see everything even though you don't plan to, it gives you access to see the most amazing view of Paris.
場所
地図
アドレス

フランス 〒75004 パリ ランビュトー通り 55

ルートを検索
営業時間
Mon-Wed-Fri-Sun 11:00 AM–10:00 PM
Thu 11:00 AM–11:00 PM
リファレンス

上Pompidou Centre – National Museum of Modern Art Foursquare

上国立近代美術館 (フランス) Facebook

Magnificent Studio Heart of Paris

開始$87

Melia Paris Notre-Dame

開始$678

Hotel Les Rives de Notre Dame

開始$606

Hotel Le Notre Dame

開始$299

Hotel Henri IV Rive Gauche

開始$249

Hotel Esmeralda

開始$99

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ポンピドゥー・センター

ポンピドゥー・センター(Centre Pompidou)は、フランスの首都・パリ4区

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Stravinsky Fountain

The Stravinsky Fountain (fr: La Fontaine Stravinsky) is a whimsical

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ユダヤ芸術歴史博物館

ユダヤ芸術歴史博物館 (Musée d'art et d'histoire du judaïsme: mahJ) は、パリ

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Saint-Jacques Tower

Saint-Jacques Tower, the Tour Saint-Jacques, is a monument located in

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Place de l'Hôtel-de-Ville

The public square in the 4th arrondissement of Paris that is now the

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Hôtel de Soubise

]]

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
パリ市庁舎

パリ市庁舎 ( オテル・ド・ヴィル、Hôtel de Ville (Шаблон:IPA-fr, 「市役所」の意 ) は、フラ

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Musée de la Chasse et de la Nature

The Musée de la Chasse et de la Nature is a private museum of hunting

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
カナダ国立美術館

カナダ国立美術館 (en:National Gallery of Canada, fr:Musée des beaux-arts du Ca

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Sursock Museum

Sursock Museum, which is officially known as Nicolas Sursock Museum,

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アムステルダム市立美術館

アムステルダム市立美術館(アムステルダムしりつびじゅつかん、蘭: Stedelijk Museum Amsterdam)は、オランダ・アムステルダムにある近現代美術を対象とする美術館である

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ヘルシンキ現代美術館

ヘルシンキ現代美術館(Kiasma、キアズマ)は、フィンランド共和国のヘルシンキの目抜き通り、マンネルヘイム通りにある現代美術専門の美術館である。フィンランド・ナショナル・ギャラリーのコレクションのうち現代美術作品を収蔵・展示している。現代美術に関する教育・普及を図るほか、市民の憩いの場、待ち合わせ場所、美術体験の場としての機能も期待されている。『キアズマ』の名は交差地点(特に視神経の交差部分)を意味する 'chiasm' に由来する。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ピカソ美術館 (パリ)

ピカソ美術館 (ピカソびじゅつかん、

すべての同様の場所を参照してください。