Agilkia Island

Agilkia Island、(العربية: جزيرة أجيليكا)観光地であり、考古遺跡のいずれかで、アスワン エジプト・アラブ共和国 。 次の場所にあります:Idfuからの319 キロ , Luxorからの570 キロ , Qinaからの720 キロ 。

申し訳ありませんが、現在、日本語の«Agilkia Island»と呼ばれるこの観光名所に関する詳細情報はありません。それについて面白いことを教えていただけたら、それをしてください! «Agilkia Island»に関する情報は、次の言語で利用できます。 العربية, bosanski, Català, ελληνικά, English, Español, پارسی, Français, Italiano, Nederlands, Português, Türkçe

情報

場所

Unnamed Road, Red Sea Governorate, エジプト, N24°1'31", E32°53'3". ルートを検索

リファレンス

以下のカテゴリーにリストされています:
コメントを投稿
ヒントとヒント
Agilkia Islandに関するヒントやヒントはまだありません。たぶんあなたは仲間の旅行者のために有用な情報を投稿する最初の人になるでしょうか?:)
4.4/10
103人がここに来ました
地図
Unnamed Road, Red Sea Governorate, エジプト ルートを検索

上Agelika Island Foursquare

上Agilkia Island Facebook

Movenpick Resort Aswan

開始$71

Pyramisa Isis Corniche Aswan Resort

開始$34

Orchida St. George Hotel

開始$19

Marhaba Palace Hotel

開始$30

Nile Hotel Aswan

開始$20

Oscar Hotel

開始$7

近くのお勧めスポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
フィラエ神殿

フィラエ神殿(フィラエしんでん)は、エジプト南部、アスワン近郊にあるヌビア遺跡。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Famine Stela

The Famine Stele is an inscription located on Sehel Island in the Nile

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
セヘル島

セヘル島(セヘルとう、Sehel Island、セーヘル島とも)は、エジプト・アラブ共和国、アスワン南部のナイル川に浮かぶ島である。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
未完成のオベリスク

「未完成のオベリスク」(みかんせいのオベリスク)は、エジプトアスワンにある古代エジプト時代の北採石場に残された加工途中の巨大なオベリスク。「切りかけのオベリスク」とも呼ばれる。おそらくカルナック神殿のオベリスクを補うため、第18王朝5代目のファラオ「ハトシェプスト女王(紀元前 1508~1458年)」の命により作業が始められた。通常のオベリスクよりも10メートル近く大きなもので、完成すれば長さはおよそ 42メートル、重さ 1,200トンであったと推測される。

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アスワン・ハイ・ダム

アスワン・ハイ・ダム (Arabic: السد العالي; transliterated: as-Sad al-'Al

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
Temple of Kalabsha

The Temple of Kalabsha (also Temple of Mandulis) is a Ancient Egyptian

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
New Kalabsha

New Kalabsha is a promontory located near Aswan in Egypt. It houses

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
コム・オンボ神殿

コム・オンボ神殿の2つの入口 コム・オンボ神殿(英語: Temple o

同じような観光スポット

すべてを見る すべてを見る
ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アクロポリス

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ペルセポリス

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
アテーナー・ニーケー神殿

アテーナー・ニーケー神殿(アテーナー・ニーケーしんでん)はギリシャのアテネのアクロポリスにあったアテーナーを祭った神殿である。ニーケーはギリシア語で「勝利」を意味し、知恵の神としてのアテーナーをアテーナー・ニーケー (Athena Nike) として祭っていた。アクロポリス上の最初期のイオニア式神殿で、アクロポリスの入口(プロピュライア)の右、急峻な稜堡の南西角に位置していた。ここで市民は長く続いたスパルタとの戦争(ペロポネソス戦争)の勝利を祈って女神を祭った。アテーナー・ニーケー神殿はアテナイがギリシアの主要なポリスとなる野望を表したものだった。神殿はアクロポリスへの大階段の南の側面上の稜堡最上部にあり、そこがアテーナー・ニーケーの

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
マチュ・ピチュ

マチュ・ピチュ(Machu Picchu)は、現地語では「

ウィッシュリストに追加
私はここにいた
訪問
ペトラ

すべての同様の場所を参照してください。